プラン説明

【ソフトバンク光】マンションのVDSLの料金や速度は?工事費・接続方法も解説


「ソフトバンク光のVDSLを知りたい

「料金や速度はどうなる?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

今回は、ソフトバンク光のVDSLタイプをまとめました。

公式などを調べてまとめた結論です。

 

この記事が役に立つ人

  • ソフトバンク光を導入したい人
  • VDSLタイプの料金や速度を知りたい
  • 工事や接続方法を知りたい

 

 

【まず結論】ソフトバンク光のVDSLタイプ

 

それでは、内容の前にかんたんなまとめから。

 

ソフトバンク光のVDSLタイプは、一部のマンションに適用するインターネットの配線方式です。

壁にあるモジュラージャック(電話線用の差込口)を使って、インターネット通信します。

 

光回線方式との大きなちがいは通信速度です。

光回線方式は最大1Gbpsに対してVDSLタイプは最大100Mbps。

 

ユーザーの口コミによると、実際には70~80Mbpsの速度が出るようです。

YouTube-4KやNetflixやU-NEXTの再生には問題ないと思いますが、リアルタイムのオンラインゲームだと少し物足りないかもしれません。

 

月額料金は、光回線方式と全く同じです。

つまり、マンションなら3,800円/月戸建てなら5,200円/月ですね。

 

最後に、VDSLタイプの工事費は9,600円になります。

しかし、ソフトバンク光には専用ページからの限定キャッシュバックがあるので、工事費は節約できます。

 

専用ページは以下のリンクからです。

これから手続きする方は、こちらの限定特典で初期費用を節約してくださいね。

 

もり
限定特典はとてもお得ですよ。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

もり
限定特典は、公式や店舗も含め、キャンペーンを全て調べた上で一番お得です。

詳しい結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

 

それでは具体的な内容をご紹介していきます。

 

ソフトバンク光のVDSLタイプって何?

 

ソフトバンク光のVDSLタイプとは、インターネットの配線方式のひとつです。

マンション限定のタイプで、戸建てタイプにはVDSL配線方式はありません。

 

ソフトバンク光の光通信と何がちがうの?

光回線方式とのちがいは、大きく3つあります。

 

1つ目:配線がちがう

まず、配線方式の名の通り、配線がちがいます。

具体的には、マンションの共有部から各戸までの配線が光配線か、電話線かのちがいです。

【配線のちがい】

光配線方式
VDSL方式
配線 光配線 電話線
写真

※引用元:フレッツ光公式

 

このちがいは目に見えませんが、それぞれの家庭に届く配線がちがいます。

 

2つ目:コンセントがちがう

光配線方式は、光コンセントと呼ばれる専用のコンセントを利用し、インターネットします。

一方で、VDSLタイプはモジュラージャック(電話用コンセント)を使ってインターネットします。

【コンセントのちがい】

光配線方式
VDSL方式
コンセント 光コンセント 電話用コンセント
(モジュラージャック)
写真

 

一概には言えませんが、マンションに光コンセントがないマンションはVDSLタイプの可能性があります。

 

3つ目:最大通信速度がちがう

最後に、最大通信速度がちがいます。

具体的な光配線方式とVDSL配線方式の最大通信速度は以下の通り、10分の1になります。

ただし、どちらも光BBユニットレンタルで、IPv6高速ハイブリッド通信が利用できます。

【最大通信速度のちがい】

光配線方式
VDSL方式
最大通信速度 上り:1Gbps(1,000Mbps)
下り:1Gbps(1,000Mbps)
上り:100Mbps
下り:100Mbps
通信 IPv6高速ハイブリッド通信 IPv6高速ハイブリッド通信

 

この通り、VDSL方式の最大通信速度は、光配線方式に比べて

 

もり
まずは、大きなちがいを3つにまとめてご紹介しました。

続いて、費用や工事についてご紹介していきます!

 

 

 

ソフトバンク光のVDSLの料金・工事費・速度は?

 

それぞれご紹介します。

 

VDSLの料金は光配線方式と同じ

料金は光配線方式と同じです。

VDSL方式はあくまでマンションの配線の都合であり、ソフトバンク光には関係ないためです。

つまり、料金は以下の通り。初回の事務手数料も記載しておきました。

【料金の比較(マンションタイプ)】

光配線方式
VDSL方式
月額料金 3,800円/月 3,800円/月
事務手数料 3,000円/1回 3,000円/1回

 

工事費は室内工事か無派遣工事

VDSLタイプと判定されたマンションは、既に屋外までの配線が完了しています。

つまり、屋外工事なしの室内工事か無派遣工事になります。

工事費用は以下の通り。

【工事費用】※どちらか

VDSL方式
室内工事 9,600円
無派遣工事 2,000円

 

利用者側から、室内工事/無派遣工事の選択はできません。

ソフトバンク光で自動的に判定されて、どちらかに決まります。(判定基準はハッキリと書かれていません。)

以前にマンション(もしくは、各戸)で利用があった場合は無派遣工事初めての利用なら室内工事になる可能性が高いです。

 

VDSL方式の実際の通信速度は?

口コミからご紹介します。

VDSL方式と言っても、普通に動画やネットが利用できる速度です。

 

口コミの通信速度

 

 

この通り、問題なく通信できていることが分かります。

 

通信が遅いって聞いたことがある・・・

「ソフトバンク光のVDSLは通信が遅い!」と聞いたことがある方もいるかもしれません。

しかし、その理由多くは、光BBユニットをレンタルしていなかった場合です。

光BBユニットをレンタルしないと、IPv6高速ハイブリッドの速い通信を利用できません。

なので、光BBユニットは必ずレンタルしましょう。

 

もり
料金は同じで、速度も出ます。

VDSL通信でも、安心してインターネットができますね。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

ソフトバンク光のVDSLの申し込みと接続方法

 

VDSLの申し込みや接続は、光配線方式と同じです。

 

ソフトバンク光の専用ページから申し込み

できれば、限定キャッシュバックページからの申し込みをおすすめします。

VDSL配線方式でも、光配線方式と同じようにキャッシュバックがもらえます。

申し込み時に特に申請などは必要ありません。

 

申し込み直後に工事日程を打ち合わせ

申し込みが終わると、室内工事/無派遣工事の判定があります。

その後、折り返しの電話がありますので、工事日程を打ち合わせします。

 

室内工事の場合は、NTTの作業員がVDSLモデムを持参し、接続作業をしてくれます。

無派遣工事の場合は、自分でVDSLモデムを設置します。

 

VDSLモデムを設置する

VDSLモデムの接続方法が気になる方もいると思います。

しかし、接続はかんたんです。

接続方法とその図をご紹介します。

【VDSLの接続方法】

①モジュラージャックとVDSLモデムを電話線でつなぐ

②VDSLモデムと光BBユニットをLANケーブルでつなぐ

③光BBユニットとパソコン/スマホをWi-Fiでつなぐ

 

この通り、3ステップで接続は終わります。

かんたんですね。

 

もり
設定方法は同梱のマニュアルにも付くので、かんたんに設定できます。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

ソフトバンク光になぜVDSLタイプがある?

 

そもそも、なぜソフトバンク光にはVDSLタイプがあるのでしょうか?

理由は、マンションの建築時に光回線の設置を考えらておらず、光回線の利用者が急激に増えたためです。

 

そもそも、光回線の利用者は急激に増えた

光回線の利用者は急激に増えました。

以下のグラフが増え方の推移を表しています。

※画像引用元:NTTグループ公式

 

このグラフは、NTT発表の光回線の契約者数の推移ですが、ここ十数年の間に、契約者数が急に増えています。

 

マンションの対応が間に合わなかった

つまり、この急激に増加した光回線のニーズに、マンションが間に合いませんでした。

光配線方式の導入には、マンション共有部に設備の設置と、各戸に光ケーブルを配線しなければいけません。

これには費用もかかるので、元々ADSLで利用予定だった電話線を代用したってことですね。

 

マンションが光配線になる可能性は低い

このような理由から、光回線のマンション導入には費用がかかるので、切り替わる可能性は低いです。

ただ、可能性がゼロとは言いにくいので、大家さんに確認してみてもいいかもしれません。

 

もり
光配線方式に変わる可能性は、低そうですね。

 

 

 

ソフトバンク光のVDSLから光配線にする方法は?

 

どうしても「VDSL配線方式より光配線方式がいい」と言う方も、いると思います。

可能性は低いですが、ゼロではありません。

 

マンションで戸建てタイプを契約

戸建てタイプを契約すれば、マンションでも光配線方式を利用できる可能性があります。

つまり、マンションの配線を使わず、電柱から直接光配線をご自宅に引く方法です。

ただし、デメリットは3つあります。

 

1つ目:月額料金が上がる

具体的には、マンションタイプより、月額料金が1,400円上がります。

マンション(VDSL)=3,800円/月

戸建て(光配線) =5,200円/月

差額       =1,400円/月

 

マンションタイプは、まとめて大家さんが契約するので割安です。

戸建ては個別に契約するので、高くなります。

 

2つ目:大家さんの許可が必要

マンションの壁に穴を開ける可能性もあります。

大家さんの許可は取っておくべきです。

 

配線の方法や賃貸/分譲により、変わるかもしれませんが、取っておいた方が無難です。

後々、もめないようにしておきましょう。

 

3つ目:工事費がかかる

VDSL配線方式の場合は、すでに回線があります。

しかし、光配線を新たに引くと、屋外工事と室内工事が必要です。

 

この場合の工事費は24,000円です。

VDSL配線だと9,600円なので、割高になります。

 

もり
以上が、マンションで戸建てを契約する注意点です。

 

 

NURO光を選ぶ

もう一つの方法は、NURO光を選ぶやり方です。

 

NURO光は、ソフトバンク光の代わりとしておすすめの光回線です。

理由は、ソフトバンク光と同じようにおうち割光セットがあり、戸建ての月額料金はソフトバンク光よりも安いためです。

【戸建てはソフトバンク光より安い】

ソフトバンク光(戸建て)=5,200円/月

NURO光   (戸建て)=4,743円/月

差           =457円/月

 

このように、ソフトバンク光に比べてメリットがありますが、提供エリアが狭いデメリットもあります。

NURO光が気になる方は、公式ページで一度提供エリアを確認してみてくださいね。

 

もり
NURO光の公式は以下のリンクから。

キャッシュバックもあり、お得ですよ。

 

NURO光の提供エリアを確認する

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

VDSLとSoftBank Airはどちらを選ぶべき?

 

最後に、VDSLとSoftBank Airに付いてご紹介しておきます。

 

結論を言うと、SoftBank Airはおすすめしません。

この場合は、VDSLの方が通信が安定する可能性は高いです。

 

SoftBank Airをおすすめしない理由

理由は、4G-LTEによる無線通信なので、環境に左右されやすいためです。

具体的には、「電波塔からの距離」「周辺の利用者の数」「障害物の多さ」「電波の干渉」です。

これらが全て、影響する可能性があります。

 

通信速度は、一般的に4Mbps~20Mbps程度で、ネットや動画を見れなくは無いです。

ですが、ストレスを感じる可能性はあります。

 

どうしても試したい方は、8日間の初期契約解除の対象なので、試しても良いかもしれません。

 

⇒SoftBank Airの申し込み

 

VDSL配線は環境に影響しないの?

環境に影響しなくはないです。

「周辺の利用者の多さ」は、通信速度に影響する可能性はあります。

しかし、SoftBank Airよりも影響する可能性は低いので、VDSL配線の方をおすすめします。

 

もり
以上で、VDSL配線方式のご紹介を終わります!

 

 

 

【まとめ】ソフトバンク光のVDSL配線方式

 

さてこの記事では、ソフトバンク光のVDSL配線方式をご紹介しました。

改めると、ポイントは4つです。

 

この記事が役に立つ人

  • VDSLは光配線と料金は同じ
  • 通信速度は必要十分
  • 工事費用は2,000円か9,600円
  • SoftBank Airはおすすめしない

 

以上でご紹介を終わります。

 

もり
ソフトバンク光には限定キャッシュバックがあります。

以下のリンクからの申し込みで、工事費を節約できます。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

-プラン説明

Copyright© 光回線のやさしい解体新書 , 2021 All Rights Reserved.