使える機能

【迷う・・・】ソフトバンク光でNTT固定電話なしにすべき?光電話の料金とメリット・デメリット


「ソフトバンク光へ申し込み予定」

「NTT固定電話は、無しすべき?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

今回は、NTT固定電話と光電話についてまとめました。

ソフトバンク光やNTT公式を調べた結論です。

 

この記事のまとめ

  • NTT固定電話をなしにするべき?
  • 光電話のメリット・デメリットは?
  • NTT固定電話から光電話へ乗り換える方法

 

【まず結論】ソフトバンク光とNTT固定電話なし

 

それでは、内容の前にまず結論から。

 

ソフトバンク光は、NTT固定電話をなしにして、光電話へ乗り換える方がお得です。

理由はシンプルで、光電話の方が月額料も通話代も安く、節約になるからです。

 

例えば、NTT固定電話の月額料は1,760円ですが、ホワイト光電話は513円なので、1,000円以上の節約になります。

【月額料が節約になる】

  • NTT固定電話 =1,720円/月
  • ホワイト光電話=  513円/月
  • 料金差    =1,207円/月の節約

 

さらに、おうち割光セットに加入する人は、追加の月額料なしでホワイト光電話が使えます。

理由は、おうち割の加入条件に『オプションパック(550円/月)』が含まれていて、その中にホワイト光電話が含まれるからです。

【おうち割のオプションパックに光電話あり】

おうち割光セットとは?

おうち割光セットとは、ソフトバンクのスマホ代が月1,100円引きになる特典です。

ソフトバンクスマホの人は、加入した方がお得です。

おうち割光セットの詳細はこちら

 

つまり、ソフトバンクスマホの人は、追加料金なしで固定電話が使えて、そのまま電話代が節約になります。

このような理由から、NTT固定電話を使っている方は、ぜひ光電話へ乗り換えましょう。

 

なお、乗り換え方法もかんたん。ソフトバンク光へ申し込みするだけです。

Web手続き後の、折り返し電話で「NTT固定電話から光電話にする」ことを伝えましょう。

 

後はソフトバンクが手続きをしてくれます。

 

もり

ソフトバンク光は、以下のリンクから手続きすると、さらに限定キャッシュバック付き。

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

それでは、具体的に調べた内容をご紹介していきます。

 

【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるメリット

 

まず、NTT固定電話はソフトバンクの『光電話』で代用可能です。

さらに、変えるべき理由やメリットを4つご紹介します。

 

1.光回線の方が電話代が安い

まず、シンプルに電話代が安くなります。

これは、『月額基本料』と『通話代』の両方です。

 

月額料金は実質無料(おうち割光セット時)

理由は、おうち割光セットでオプション代が割り引きになるためです。

ソフトバンク光で光電話を利用するためには、『ホワイト光電話』と『光BBユニット』のオプションに加入する必要があります。

しかし、ソフトバンクのスマホユーザーは、おうち割光セットに加入することで割引になります。

【オプションの割引】

オプション ソフトバンクスマホ
なし あり
光BBユニットレンタル 513円 550円
ホワイト光電話 513円
Wi-Fiマルチパック 1,089円
合計 2,115円

※全て税込表記

 

この通り、オプション代が550円ですが、おうち割によりスマホ代が1,100円割引になります。

つまり、月額基本料が実質無料で、電話が使えます。

 

なお、NTT固定電話は月額1,760円(プッシュ回線時)かかっているはずなので、その支払いが不要になりますね。

 

通話料も8円/分になりお得

続いて、通話料もお得です。

電話先により通話料がちがいますが、ざっと半額以下になるはずです。

【通話料比較】

電話先
NTT固定電話  光電話
固定電話
近距離 22円/90秒 8.789円/3分
中距離 33円/1分
長距離 44円/45秒
国際電話 アメリカ(※) 20円/30秒
携帯電話
ドコモ 17.6円/分 17.6円/分
au 19.25円/分
ソフトバンク 19.25円/分 無料

※その他国際電話の料金はこちら参照
※全て税込表記

 

ソフトバンクのスマホへの通話料も無料になるもも大きなメリットですね。

 

2.電話の機能もそのまま使える

かけ方も通常の固定電話と同じで、電話のもほとんど使えます。

【具体的な機能】

電話先
NTT固定電話  光電話
番号表示サービス
440円/月 440円/月
着信転送サービス
(ボイスワープ)
550円/月 550円/月
着信お断りサービス
(迷惑電話おことわり)
660円/月 220円/月

※カッコ内()はNTT固定電話の名称
※全て税込表記

 

今の電話もそのまま使える

もちろん、今の電話をそのまま使えます。

また、FAXも使えるので、通常の電話機能として困ることはないと思います。

 

3.番号ポータビリティで電話番号そのまま

NTT固定電話から光電話は、番号そのままで乗り換えできます。

番号ポータビリティ(LNP:Local Number Portability)の制度があるためです。

手続きなどはソフトバンク光が実施するので、ユーザーの手間はありません。

 

なお、今のNTTアナログ電話回線は2025年を目処に終了なので、いずれはIP電話に切り替わります。

【ビジネスニュース(外部リンク)】

NTT固定電話のIP網移行は2024年1月開始

https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/5708/Default.aspx

 

光回線で音質がよくなる

アナログでも音質に不満を感じることは、無かったかもしれません。

しかし、光回線の方が音質は良くなります。

光回線の方が、『外部ノイズに対する影響』と『距離による減衰が少ない』ためです。

 

つまり、光回線の方が相手の声がそのままこちらに届きやすいってことですね。

普段から困っていないかもしれませんが、音質で困ることはないです。

 

もり

家計の節約になるのが、最大のメリット。

他にも、メリットは多いですね。

 

 

 

【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるデメリット

 

光電話には、もちろんデメリットもあります。

メリットに続いて、デメリットを2つご紹介します。

 

1.一部かけられなくなる電話番号がある

伝言ダイヤルなど、一部かけられなくなる電話番号があります。

具体的にかけられる番号と、かけられない番号をまとめました。

サービス 電話番号 接続可否
国際通話 10
ポケベル等 20
IP電話 50
番号案内 104
警察(緊急通報) 110
時報 117
海上保安(緊急通報) 118
消防(緊急通報) 119
ナンバーお知らせ136 136 ×
でんわばん/二重番号サービス 141 ×
ボイスワープ 142
迷惑電話おことわりサービス 144
キャッチホンII 145 ×
キャッチホンII 146 ×
伝言ダイヤル 170 ×
公専接続 910 ×

フレッツ光公式より

 

110番や119番の緊急通報は問題なくかけられますが、かけられなくなる番号があることは知っておきましょう。

 

2.停電の時は使えない

光回線は、ONU(光回線終端装置)やWi-Fiルーター(光BBユニット)を通じて通話します。

また、これら2つの機器は、電源があって動きます。

 

つまり、停電時はつかえません。

停電時の連絡には、スマホを使って通話しましょう。

 

もり

メリット・デメリットを比較し、申し込みしよう。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

ソフトバンク光電話とNTT固定電話の機能比較【一覧】

 

最後に、改めてソフトバンク光の光電話とNTT固定電話の一覧を比較しておきます。

ソフトバンク
ホワイト光電話
NTT
固定電話
月額料金 513円/月(※1) 1,760円/月
通話料金 17.6円/1分(携帯)
8.789円/3分(固定)
19.25円/1分(携帯)
22円/90秒(固定)
国際電話(※2) 22円/30秒 22円/30秒
番号表示サービス 440円 440円
番号通知リクエスト 220円
キャッチ電話サービス 330円
着信転送サービス 550円 550円
着信お断りサービス 220円 660円

※1:おうち割加入時は、光BBユニット込みで550円/月
※2:アメリカへの電話時
※3:全て税込表記

 

もり

やはり、一覧にするとメリットは大きいです。

 

 

 

ソフトバンク光の光電話のよくある質問・注意点

 

最後に、ソフトバンク光の光電話へ乗り換える注意点をご紹介します。

 

NTT固定電話の乗り換え方法は?

乗り換え方法はかんたん、申し込み時に「固定電話番号をそのまま引き継ぎたい」と伝えるだけです。

※番号ポータビリティ(LNP)の制度を使います。

 

つまり、こちらページからソフトバンク光の申し込みが終わると、工事日程やキャンペーン内容の確認のため、折り返しの電話があります。

その際に、「今の電話番号を引き継ぎたい」と伝えてください。

後は、ソフトバンク側で手続きしてくれます。

 

初期費用(手数料)は2,200円

番号の移管はソフトバンクが実施しますが、手数料がかかります。

引き継ぎ費用は2,200円です。(新規番号取得は1,100円)

NTT固定電話で1,760円/月払っていると考えると、元はすぐに取れますが、覚えておきましょう。

 

接続方法が分からないときは?

まず、接続ガイドが機器に同梱されています。(以下の図)

【接続ガイド】

※引用元:光BBマニュアル

 

この通りに接続すれば、まず問題ありません。

どうしても分からないときは、サポートセンターへ電話しましょう。

186-0800-111-2009(ソフトバンク公式)に問い合わせすれば、対応してもらえます。

 

もり

以上で、光電話に関する解説を終わります!

 

 

 

【まとめ】ソフトバンク光へNTTの固定電話から乗り換え

 

さてこの記事では、ソフトバンク光の光電話へ乗り換えるメリットをご紹介しました。

デメリットや注意点もあるのですが、乗り換えるメリットは大きいです。

固定電話も、ぜひ光電話にしましょう。

この記事のまとめ

  • NTTの固定電話から乗り換えるべき
  • 一番のメリットは料金の節約になるため
  • デメリットは停電時に利用不可など
  • 番号ポータビリティ(LNP)で番号そのまま

 

もり

申し込みは以下のリンクからがお得です。

向こうからの折り返しの電話で、「今の電話番号をそのまま使いたい」と伝えましょう。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

-使える機能

Copyright© 光回線のやさしい解体新書 , 2021 All Rights Reserved.