使える機能

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドとv6プラス、DS-Liteを比較(IPv6 IPoE+IPv4技術の違い)


「ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドって?」

「v6プラスやDS-Liteと何がちがう?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
この記事では、IPv6高速ハイブリッドv6プラスやDS-Liteを比較します。

 

この記事の内容

  • v6プラスやDS-Lite(Transix)とのちがい
  • v6コネクトやZOOT NATIVEとのちがい
  • ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド
  • 光回線の選び方

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ソフトバンク光:正規代理店>

 

IPv6高速ハイブリッドとv6プラスやDS-Lite(Transix)のちがいは?

 

まず結論を言うと、IPv6高速ハイブリッドとv6プラス、DS-Lite(Transix)の3つに、大きなちがいはありません。

どれも、光回線を高速で使うための、IPv4 over IPv6の技術だからです。

 

ちがうところを簡単に言うと?

ちがいがあるのは、技術を提供する会社と、光回線業者、プロバイダです。

例えば、IPv6高速ハイブリッドなら、技術提供はBBIX株式会社であり、光回線業者はソフトバンク光で、プロバイダはソフトバンク(Yahoo!BB)になります。

つまり、同じIPv4 over IPv6の高速通信の技術に、各社がそれぞれの名前を付けています。

 

他の技術と代表的な光回線業者、プロバイダもまとめておきました。

【IPv4 over IPv6技術とその違い】

  IPv6高速ハイブリッド v6プラス DS-Lite
(Transix)
技術提供 BBIX株式会社 JPNE株式会社 インターネット
マルチフィード
株式会社
光回線業者 ソフトバンク光 ドコモ光
So-net光プラス
@nifty光 など
IIJmio光
フレッツ光 など
プロバイダ ソフトバンク
(Yahoo!BB)
GMOとくとくBB
So-net
@nifty など
IIJmio
INTERLINK
など

 

このとおり、技術は全てIPv4 over IPv6の高速通信技術ですが、呼び名や会社名がちがいます。

 

ユーザーが関係するちがいは?

一番大きなちがいは、対応するルーターです。

IPv6高速ハイブリッドは、ソフトバンク光が提供する光BBユニットのみ使えるサービスです。

 

v6プラスやDS-Liteは、市販のルーターで対応しているものもあります。

それ以外は、基本的に同じです。

 

その他、ユーザーから見てちがうところや、同じところをまとめました。

【ユーザーから見た違い】

IPv6高速ハイブリッド v6プラス DS-Lite
(transix)
ルーター 光BBユニット NEC、BUFFALO、IO-DATA
などの市販ルーター
IPv4⇔IPv6
切り替え
自動
速度 最大1Gbps

 

この通り、最大通信速度は同じで、ちがいはルーターのみ。

回線変更を考えている方でも、ルーターを変えればそのままパソコンやスマホ、PS4でも使えます。

 

実際の通信速度にちがいはある?

実際の速度に多少のちがいはあるようですが、大きな差はないです。

通信速度の口コミサイトを調べた結果をまとめました。

【通信速度比較(1日平均)】

IPv6高速ハイブリッド v6プラス DS-lite
回線業者 ソフトバンク光 ドコモ光×GMO IIJmio光
上り(Mbps) 154 212 166
下り(Mbps) 224 269 209
Ping(ms) 23 24 22

※引用元:みんなのネット回線速度

 

大きなちがいは無く、どれも光回線らしく速いですね。

なので、どの光回線を選んでも、あまり大きな差を感じないかも知れません。

 

結局、どうやって光回線を選べば良いの?

光回線選び方としては、持っているスマホで選ぶ方法が一番お得になります。

それぞれの光回線で、スマホ代割引の特典があるためです。

【光回線は持っているスマホで選ぶ】

ソフトバンクスマホ ⇒ ソフトバンク光

ドコモスマホ    ⇒ ドコモ光

auスマホ(auひかりエリア内)⇒ auひかり 
auスマホ(auひかりエリア外)⇒ BIGLOBE光

※auひかりは同様の『IPv4/IPv6デュアルスタック』技術あり
※BIGLOBE光も同様の『IPv6オプション』技術あり
※リンクはそれぞれの限定キャンペーンサイト

 

もり
ちがいは、ルーターと提供会社。

ユーザーが感じる機能に、大きな差はありません。

 

 

 

IPv6高速ハイブリッドとv6コネクト、ZOOT NATIVEの違いは?

 

v6コネクトや、ZOOT NATIVEも、全てIPv4 over IPv6(IPv6 IPoE+IPv4)の技術です。

それぞれの、光回線業者やプロバイダによって呼び名がちがうだけですね。

 

違いを一覧にまとめました。

【サービス名と回線業者一覧】

サービス名 回線事業者 プロバイダ
IPv6高速ハイブリッド ソフトバンク光 ソフトバンク光
(Yahoo!BB)
IPv6(IPoE)接続サービス ドコモ光など DTI
v6プラス
GMOとくとくBB
@nifty
(ニフティ)
ぷらら
DS-Lite ドコモnet
IIJmio光 IIJmio
IPv6インターネット
接続機能
OCN光 OCN
v6コネクト フレッツ光など ASAHIネット
ZOOT NATIVE INTERLINK
IPv6オプション BIGLOBE光 BIGLOBE

 

回線業者やプロバイダーはちがいますが、どの業者もIPv6を有効に使うサービス(IPv4 over IPv6)を提供していますね。

現在では、ほとんどの光回線やプロバイダで提供されている技術です。

 

もり
これ以外の光回線やプロバイダは、ご自身で調べてみてくださいね。

アピールポイントなので、それぞれのサイトで分かりやすく書かれています。

 

 

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドとは?

 

ここで、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドをおさらいしておきます。

IPv6高速ハイブリッドとは、『IPv4+IPv6』の両方を『IPv6』で通信できる技術ですね。

 

IPv6高速ハイブリッドの仕組み

IPv6高速ハイブリッドは、IPv4とIPv6の両方をIPv6のネットワークで通信できます。

例えば、プレイステーション4(PS4)はIPv4のみに対応している機器ですが、ソフトバンク光ならIPv6の速いネットワークで通信できます。

 

仕組みを図でかんたんにご紹介しておきます。

【今までのネットと高速ハイブリッド】

 

この通り、IPv4の通信であっても、IPv6のネットワークを使って通信できます。

 

IPv6高速ハイブリッドのメリットは?

メリットを3つご紹介します。

 

1つ目:IPv6は通信が安定する

IPv6高速ハイブリッドは通信が安定します。

IPv6高速ハイブリッドは、IPv4に比べて通信できる量が多いためです。

 

IPv4のネットワークには一度に通信できる限界がありました。

そのため、ピークタイムやゴールデンタイムの混雑する時間帯は、安定しないデメリットがありました。

それに比べて、IPv6高速ハイブリッドは通信が安定します。

 

2つ目:IPv6は通信が速くなる

通信量が増えることにより、通信速度が速くなります。

そもそも、IPv6自体は通信に影響しません。しかし、前述の通り、1度に通信できる量が増えるので、結果的に通信速度が速くなります。

 

実際に、たくさんのユーザーが体感しています。

 

3つ目:通信がかんたん

IPv6高速ハイブリッドは、専用ルーター(光BBユニット)を使う事で、自動的にIPv4とIPv6を選択します。

つまり、ユーザーがパソコンやスマホのプロトコルやIPアドレスを気にする必要がありません。

なので、通信の心配をすることなく、パソコンやスマホが使えます。

 

IPv6高速ハイブリッドの申し込みと設定

申し込みに必要なのは?

申し込みに必要なのは、光BBユニットのレンタルです。

 

プロバイダの申し込みや、専用の申し込みも必要ありません。

ソフトバンク光は、プロバイダ一体型の光コラボのためです。

光BBユニットをレンタルすると、自動的にIPv6高速ハイブリッドに対応されます。

 

設定に必要なことは?

特別な設定も必要ありません。

光BBユニットには「光BBユニット設定ガイド」が同梱されます。

そのマニュアル通りにケーブルを接続すれば、IPv6高速ハイブリッド繋がります。

 

IPv6に繋がるか確認したい場合は?

ソフトバンク光の専用ページから確認できます。

専用ページのアドレスは以下の通りです。

⇒IPv6接続確認ページ

 

以下の表記になれば、IPv6高速ハイブリッドに繋がっています。

以下の表記の場合は、IPv4のネットワークに繋がっています。

 

もり
IPv6高速ハイブリッドは、光回線の速さを使うために必要。

ぜひ、光BBユニットをレンタルしましょう。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

ここからは、さらに詳しい技術的な内容です。

興味のある方のみ、ご覧ください。

 

4rd/SAMとMAP-EやDS-Lite(Transix)の違いは?

 

最後に、さらに技術的な説明を少しして終わります。

 

IPv4 over IPv6は、IPv6高速ハイブリッドや、v6プラス、DS-Lite(Transix)など、光回線業者によって呼び方は様々です。

しかし、いずれも、4rd/SAM、MAP-E、DS-Liteのどれかの技術を使ってサービスを提供しています。

各業者の呼び名 使っている技術
IPv6高速ハイブリッド 4rd/SAM
v6プラス
IPv6(IPoE)接続サービス
IPv6オプション
MAP-E
ZOOT NATIVE
v6コネクト
DS-lite
DS-lite (Transix)

 

最後に、4rd/SAM、MAP-E、DS-liteの3つをご説明しておわります。

 

4rd/SAMとは?

4rd/SAMは、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドが使っている技術です。

4rd/SAMとはBBIX株式会社が提供する、IPv4 over IPv6のトンネル技術のことですね。

 

IPv4の通信をIPv6のアクセス網で可能にします。

なお、4rdはIPv4 Residual Deploymentの略で、SAMはStateless Address Mappingの略のことみたいです。

 

さらに、フレッツ光ネクスト(つまりソフトバンク光も)ユーザー同士は、接続事業者を経由しない特徴があるようです。

【説明の図】

 

 

MAP-Eとは?

MAP-Eとはドコモ光のv6プラスなどに使われる通信の方式で、IPv4をIPv6経由で通信することですね。

v6プラスは日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)から、提供されています。

つまり、4rd/SAMと技術はほぼ同じですが、提供会社がちがいます。

 

【v6プラスの説明】

※引用元:JPNE公式ページより

 

また、4rd/SAMのように、接続事業者を経由しない接続についての説明はありませんでした。

おそらく、この接続には対応していないと思います。

 

DS-Lite(Transix)とは?

DS-Lite(Transix)も、IPv4 over IPv6のサービスのひとつでした。

インターネットマルチフィード株式会社から提供されています。

【イメージ図】

※引用元:mfeed公式ページより

 

4rd/SAMやMAP-Eとの一番の違いは、グローバルアドレスへの変換がISPで行われることです。

他の2つは、ルーター内でISP変換が行われます。

 

つまり、固定IPの利用やポート開放は、DS-Liteでは対応できないです。

その場合は、4rd/SAMやMAP-Eを選びましょう。

 

もり
さて、以上で技術のご紹介を終わります!

 

 

 

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドの比較まとめ

 

さてこの記事では、ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドと比較をまとめました。

改めて、ポイントを2つまとめました。

 

この記事のまとめ

  • IPv6高速ハイブリッドとは?
    ・通信が安定し、高速になる
    ・光BBユニットが必要
  • v6プラスやDS-Liteとの違いは?
    ・対応するルーターがちがう
    ・IPv4 over IPv6は同じ

 

以上で、まとめを終わります。

 

もり
ソフトバンク光は、以下のリンクからの申し込みを実施しましょう。

限定キャッシュバックでお得です。

 

ソフトバンク光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

 

 

-使える機能

Copyright© 光回線のやさしい解体新書 , 2021 All Rights Reserved.