ソフトバンク光 料金・割引・支払

ソフトバンク光に初月無料や日割りはある?料金シミュレーションと初期費用はいくら?

2019年12月3日

ソフトバンク光に初月無料や日割りはある?料金シミュレーションと初期費用はいくら?【アイキャッチ画像】


「ソフトバンク光に初月無料や日割りはある?」

「料金シミュレーションや初期費用はいくら?」

こう考える人は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ソフトバンク光の初月の料金と初期費用を無料にする方法をまとめました。

 

この記事の内容

  • ソフトバンク光の初月は日割り?
  • ソフトバンク光の初期費用は?
  • ソフトバンク光の請求日

 

【まず結論】ソフトバンク光の初期費用と料金シミュレーション

 

それでは内容の前にまとめからです。

結論から言うと、ソフトバンク光で初期費用はかかりません。

 

理由は、ソフトバンク光には工事費無料と限定キャッシュバックがあるためです。

また、初月の月額料金は日割りですが、オプション代は初月無料です。

 

初回の事務手数料の3,300円のみ掛かりますが、キャッシュバック金額の方が大きいのでトータルではプラスです。

まとめると、以下のようになります。

【ソフトバンク光の初期費用】

項目 費用
開通工事費 26,400円
⇒無料!(※1)
初回の事務手数料 3,300円
初月の月額料金 日割り
初月のオプション代 無料!(※2)
限定キャッシュバック -38,000円(期間限定増額中)

※1:SoftBank光工事費サポートはじめて割
※2:SoftBank光加入特典
※3:限定特典サイトからのみ受付
※4:全て税込表記

 

続いて、月あたりの料金をシミュレーションをした結果、マンションで4,730円、戸建てで6,270円でした。

月額基本料金の他に、必須オプション代(オプションパック代)とユニバーサルサービス料、消費税の10%を合計した金額です。

 

ソフトバンク光はプロバイダ一体型なので、プロバイダ料はかかりません。

こちらも、以下でまとめました。

【月額料金シミュレーション】

マンション 戸建て
月額基本料金(税抜) 3,800円 5,200円
オプションパック(税抜) 500円 500円
ユニバーサルサービス料 3円 3円
消費税(10%) 430円 570円
合計 4,733円 6,273円

 

以上が、ソフトバンク光の初期費用と料金シミュレーションです。

 

最後に、ソフトバンク光のWeb限定キャッシュバックは専用ページからのみ受付です。

専用ページへのリンクはこの下ありますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ソフトバンク光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

\特典は忘れずチェックしてね!/

※引用元:ソフトバンク光代理店のランキング比較

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果を見ていきます。

 

ソフトバンク光の初期費用は?初月に日割りはある?

 

ソフトバンク光の初期費用をひとつずつ解説します。

【ソフトバンク光の初期費用】

  • 初回の事務手数料:3,300円
  • 初月の月額基本料金:日割り
  • 開通工事費:~26,400円
  • オプション代:初月無料
  • オプション代:一部日割り
  • プロバイダ料:永年無料

 

初回の事務手数料:3,300円

初回の事務手数料は3,300円です。

これは、マンションや戸建てなどの申し込み内容にかかわらず、一律でかかります。

 

初回にソフトバンク光の利用者登録や、契約の手続きにかかる費用です。

【初回の事務手数料】

項目 マンション 戸建て
事務手数料 3,300円 3,300円

※全て税込表記

 

初月の月額基本料金:日割り

ソフトバンク光の初月の月額料金は日割りです。

つまり、どのタイミングで申し込みしても損しません。

 

例えば、月中で契約した場合は半額ですね。

いくつかの例を挙げて計算してみました。

【初月の日割り計算】

ケース 契約タイミング 料金
マンション 月の初めに契約 4,180円(満額)
月の中旬に契約 2,090円(半分)
月の最終日に契約 139円(30分の1)
戸建て 月の初めに契約 5,720円(満額)
月の中旬に契約 2,860円(半分)
月の最終日に契約 190円(30分の1)

※全て税込表記

 

利用開始日に応じて、初月の月額料金は変わります。

 

オプション代:初月無料

初月のオプション代は、ほとんどが初月無料になります。

ソフトバンク光には「SoftBank光加入特典」の「オプションサービスの利用料が初月無料」があるためです。

【SoftBank光 加入特典】

SoftBank光加入特典(オプションサービスの利用料が初月無料)

 

おうち割光セットの加入に必要なオプションパックの料金も初月無料です。

【オプションパック】

料金
光BBユニットレンタル 月額550円
⇒初月無料
Wi-Fiマルチパック
電話サービス

※全て税込表記

 

一部オプション:日割り

ソフトバンク光テレビなどの、一部オプションは初月無料にならずに日割りになります。

ただし、どのオプションも加入は任意なので、申し込む必要はありません。

【初月から料金がかかるオプション】

オプション 初月の料金
ソフトバンク光テレビ 日割り
光電話(N) 日割り
ホームゲートウェイ(N) 日割り
無線LAN(N) 日割り
スカパー! 初月半額
ホワイト光電話/BBフォン
光電話(N)の通話代
従量課金

 

開通工事費:~26,400円

工事費は通常26,400円ですが、工事内容により変わります。

例えば、すでに光コンセントが設置済みの場合や、フレッツ光からの転用による乗り換えの場合は工事不要になることもあります。

 

ただし、「SoftBank光工事費サポート初めて割」で、どの工事内容でも無料になります。

工事内容と工事費を一覧でまとめました。

【工事内容と工事費】

工事内容 工事費
・フレッツ光ネクストからの転用
・光コラボからの事業者変更
0円
(工事不要)
立ち会い工事あり ・戸建て
・光ファイバー導入なしのマンション
26,400円
⇒特典で無料
・屋内工事のみ 10,560円
⇒特典で無料
立ち会い工事なし ・光ファイバー導入なしのマンション 2,200円
⇒特典で無料

※全て税込表記

 

なお、工事内容は利用者では選べず、申し込み後に工事の要否が判定されます。

 

プロバイダ料金:永年無料

ソフトバンク光に、プロバイダ料金はありません。

理由は、ソフトバンク光はプロバイダ一体型の光コラボレーションのためです。

 

つまり、プロバイダはソフトバンク自身であり、月額料金にプロバイダ料金が含まれています。

以下は、ソフトバンク光の説明文の抜粋ですが、公式でもプロバイダーはソフトバンクと言われています。

【公式Q&Aの引用】

Q:[SoftBank 光]インターネットサービスプロバイダーは別で申し込みが必要ですか?

A:プロバイダーもソフトバンクから提供しているため、お申し込みは必要ございません。

※引用元:ソフトバンク光Q&A

 

もり

初期費用は、事務手数料・工事費・月額料のみです。

初月も日割りなので、申し込みタイミングで損はしません。

 

 

 

ソフトバンク光の初期費用はキャンペーンで無料!

 

ソフトバンク光の初期費用はキャンペーンで無料になります。

 

「工事費サポートはじめて割」で新規工事費は無料

ソフトバンク光の工事費サポートはじめて割

「工事費サポートはじめて割」は、ソフトバンク光を新規申込する人が対象の特典です。

月額料金から回線工事費が割引になるので、工事費は実質無料です。

キャンペーン名称 SoftBank光
工事費サポートはじめて割
特典内容 月額料金の割引
(1,100円×24カ月)
キャンペーン期間 2022年2月10日
~ 終了日未定
対象者 ソフトバンク光を
新規申込する人

 

代理店の申し込みで38,000円(期間限定増額中)のキャッシュバック

ソフトバンク光では、正規代理店経由の申し込みで38,000円(期間限定増額中)の限定キャッシュバックがもらえます。

現金のキャッシュバックなので、ソフトバンク光の初期費用にも使えます。

特典名 限定キャッシュバック
申込窓口 正規代理店
エヌズカンパニー
キャッシュバック 新規:38,000円(期間限定増額中)
(転用/事業者変更:15,000円)
振込時期 最短2カ月後
受取方法 銀行振込

 

以上の通り、工事費無料と限定キャッシュバックにより、ソフトバンク光の初期費用はかかりません。

 

もり

限定キャッシュバックは以下のリンクからの申し込みで受け取れます。

 

ソフトバンク光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

 

ソフトバンク光の月額料金を料金シミュレーション

 

月額料金も税込でシミュレーションしました。

マンションと戸建てでそれぞれ見ていきます。

 

マンション:4,733円/月(税込)

マンションは月あたり4,733円(税込)でした。

月額基本料金以外に、オプションパック代とユニバーサルサービス料がかかります。

 

具体的な計算結果は、以下の通りです。

【マンションの料金シミュレーション】

マンション
月額基本料金
3,800円
オプションパック代
光BBユニットレンタル 500円(※1)
Wi-Fiマルチパック
ホワイト光電話
ユニバーサルサービス料
3円
消費税(10%)
430円
合計の料金(税込)
4,733円

※1:光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+ホワイト光電話のパック料金
※2:全て税込表記

 

戸建て:6,273円/月(税込)

戸建ては月あたり6,273円(税込)でした。

こちらも、マンションと同様に、月額基本料とオプションパック代、ユニバーサルサービス料がかかります。

 

具体的な計算結果は、以下の通りです。

【戸建ての料金シミュレーション】

戸建て
月額基本料金
5,200円
オプションパック代 光BBユニットレンタル 500円(※1)
Wi-Fiマルチパック
ホワイト光電話
ユニバーサルサービス料
3円
消費税(10%)
570円
合計の料金(税込)
6,273円

※1:光BBユニット+Wi-Fiマルチパック+電話サービスのパック料金
※2:全て税込表記

 

以上が、マンションと戸建ての月額料金シミュレーションです。

 

もり

ソフトバンク光の料金は以下の限定特典で節約してください。

とてもお得ですよ。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ソフトバンク光:正規代理店>

 

 

 

ソフトバンク光の料金シミュレーションの内訳を解説!

 

オプションなどの、月額料金以外の費用とは具体的に何なのか?詳しくご紹介します。

 

月額基本料

月額基本料は、ソフトバンク光で必ず掛かる料金です。

マンションで3,800円(税込:4,180円)、戸建てで5,200円(税込:5,720円)になります。

 

月額基本料に、光回線の利用料やONUの機器レンタル代、プロバイダ料が含まれます。

【月額基本料】

マンション 戸建て
月額基本料金 3,800円
(税込:4,180円)
5,200円
(税込:5,720円)

 

光BBユニットのレンタル

光BBユニットとは、多機能型のWi-Fiルーターです。

以下はイメージ写真です。

光BBユニットのパッケージ内容

 

この光BBユニットがあることで、Wi-Fi通信や有線でのインターネット通信、ホワイト光電話が利用できます。

つまり、スマホやタブレットでのWi-Fi接続は、光BBユニットを経由すると言うことです。

 

厳密に言うと、この光BBユニットでなく、市販のルーターでもインターネット通信はできます。

しかし、光回線の速いインターネットを使う場合には、このレンタルが必要です。

 

Wi-Fiマルチパック

Wi-Fiマルチパックとは、ソフトバンク光の光BBユニットでWi-Fiを利用するときに使うオプションです。

つまり、このオプションがないと、光BBユニットのWi-Fiでスマホやタブレット、パソコンでインターネットができません。

 

以下の写真はそのイメージ。

Wi-Fiマルチパックのイメージ図

※引用元:ソフトバンク光公式

 

光BBユニットに、Wi-Fiが付いているのでは?と思われるかもしれませんが、こちらのオプションも申し込みが必要です。

光BBユニットのオプションだけでは、有線(LANケーブル)でのインターネットが使えるのみ。

 

ホワイト光電話

ホワイト光電話は、ソフトバンク光の光電話のサービスです。

加入することで、光電話も使う事が出来るようになります。

 

なお、ソフトバンク光の「おうち割光セット」を申し込む場合、ホワイト光電話に加入が必要です。

理由は、「光BBユニット」と「Wi-Fiマルチパック」とセットでオプション代が割引になっているからです。

 

具体的な料金は以下の通り。

【割引ありとなしの料金】

オプション 割引
なし あり
光BBユニットレンタル 513円 550円
Wi-Fiマルチパック 1,089円
ホワイト光電話 513円
合計 2,115円

※全て税込表記

 

おうち割光セットを申し込まない方は、ホワイト光電話に加入する必要はありません。

 

ユニバーサルサービス料とは?

ユニバーサルサービス料とは、日本の国民生活に必要な電話(通信サービス)の費用です。

緊急通報(110番など)が有名ですね。

【ユニバーサルサービス料とは?】

国民生活に不可欠な通信サービスである、加入電話(基本料)又は加入電話に相当する光IP電話(※)、第一種公衆電話(総務省の基準に基づき設置される公衆電話)、緊急通報(110番、118番、119番)は、日本全国で提供されるべきサービスとして、基礎的電気通信役務(ユニバーサルサービス)に位置づけられています。

総務省の公式ページから引用

 

これら、国民生活に必要な通信代(電話代)をユニバーサルサービス料として、スマホや固定電話、光電話利用者が支払います。

 

消費税は10%(軽減税率対象外)

ソフトバンク光の消費税は10%で、軽減税率対象外です。

軽減税率は飲食料品に適用されるので、通信代であるソフトバンク光は10%になります。

【軽減税率の対象】

① 酒類・外食を除く飲食料品

② 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

※引用元:国税庁の公式サイトン

 

もり

以上が、月額料金の内訳です。

これらを含めて、マンション:4733円。戸建て:6,273円になります。

 

 

 

ソフトバンク光の初期費用と料金シミュレーションの注意点

 

最後に、ソフトバンク光の初期費用と料金シミュレーションの注意点をまとめました。

 

余計なオプションは選ばない

思ったより月額料金が高くなる、一番の要因です。

上でご紹介した、「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト光電話」があればインターネットは使えます。

 

余計なオプションは選ばないようにしましょう。

 

特に、「地デジも光回線がいいかも・・・」とか「ネットTVも見たいかも・・・」と考え出すと、料金はかなり上がります。

そういったオプションは、必要ありません。

 

オプションは申し込み時以外でも加入できる

どうしても欲しい場合は、インターネットを申し込んでから考えることをおすすめします。

ソフトバンク光のオプションは、利用中でも申し込みができます。

【申し込み方法(My SoftBank)】

  1. My SoftBankへログインする
  2. オプションサービスのお手続きへ進む
  3. 追加したいオプションを選ぶ

 

一部のオプションを除き、電話やショップでも対応可能。

必要かどうかは、ゆっくり考えて選びましょう。

 

「おかしい!」って感じたら料金明細を確認

申し込み後に、おかしいと思ったら、まずは料金明細を確認しましょう。

こちらも、My SoftBankから確認できます。

【利用明細を確認する方法(My SoftBank)】

  1. My SoftBankへログインする
  2. 料金確認から「内訳はこちら」を選ぶ
  3. 「請求書をみる」を選ぶ

 

もり

おかしいと感じたら、ソフトバンク光に確認しましょう。

 

 

 

【まとめ】ソフトバンク光の初期費用と料金シミュレーション

 

さてこの記事では、ソフトバンク光の初期費用と初月の日割りについてご紹介しました。

改めてポイント整理します。

この記事のまとめ

  • 初月の月額料金は日割り
  • ほとんどのオプション代は初月無料
  • 初期費用が無料になる特典はない
  • 正規代理店経由の限定キャッシュバックあり

 

以上です。

 

もり

代理店の限定キャッシュバック内容は、以下のリンクから確認できます。

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ソフトバンク光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-ソフトバンク光, 料金・割引・支払