申し込み

ソネット光プラスからソフトバンク光へ事業者変更で乗り換える方法!【注意点も解説】


「ソネット光プラスからソフトバンク光へ乗り換えたい」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

今回は、So-Net光プラスからソフトバンク光の乗り換えをまとめました。

公式サイトやお得な乗り換え方法を、調べた結果です。

 

この記事の内容

  • 乗り換え手順(事業者変更)
  • 乗り換えの費用とキャンペーン
  • 乗り換えのよくある質問や注意点

 

 

【まず結論】ソネット光プラスからソフトバンク光へ

 

それでは、内容の前にかんたんな結論から。

 

ソネット光プラスからソフトバンク光は、『事業者変更』による乗り換えができるので、工事不要です。

どちらもフレッツ光回線の『コラボレーション光』で、回線が同じなためですね。

 

つまり、ソネット光プラスへの解約の電話ソフトバンク光へのWeb申し込みのみで手続きは終わります。

同様に、光電話や光テレビも引き継ぎができるのでとてもかんたん。

プロバイダの解約や契約も必要ありません。

 

また、ソネット光プラスの契約期間中の乗り換えは契約解除料が掛かりますが、ソフトバンク光が違約金を負担してくれます。

ソフトバンク光には「あんしん乗り換えキャンペーン」があるためです。

 

さらに、乗り換えのキャッシュバックもあり、結局、乗り換えで約5,000円のプラスになります。

 

注意しておきたいのは、キャッシュバックは専用ページからのみと言うことです。

専用ページのリンクは以下に貼り付けておきましたので、ソフトバンク光はこの専用リンクからWeb申し込みしてくださいね。

 

もり
乗り換えはとてもお得ですよ。

 

ソネット光プラスからの事業者変更で
限定キャッシュバック

キャンペーン専用ページ

<この先の『Web申し込み』から手続き>

 

 

もり
Webの乗り換えの特典は、ソフトバンク光の公式や店舗よりもお得です。

詳しく調べた結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

 

それでは、具体的な乗り換えのまとめをご紹介していきます。

 

ソネット光プラスからソフトバンク光の乗り換え手順は?

 

乗り換えは工事もなく、とてもかんたんです。

7つのSTEPでご紹介。

 

STEP1:So-netの専用窓口へ電話する

まず、So-netの専用窓口へ電話します。

乗り換え用の、事業者変更承諾番号をもらうためです。

公式を見てみましたが、メールやマイページからの乗り換え手続きは受け付けていないようです。

 

ソネット光プラス 事業者変更窓口への電話し、「解約のための事業者変更承諾番号を発行してください」と伝えましょう。

【So-net 事業者変更ダイヤル】

  • 0120-45-2522(通話料無料)
    ※携帯電話、PHSもOK
  • 受付時間 9:00~18:00
    ※年中無休(1日、2日を除く)

 

なお、光電話の電話番号をそのまま引き継ぎたいときは、解約時に伝えてくださいね。

手続きが終わると、登録メールアドレスにSo-Net光プラスから事業者変更承諾番号の連絡があります。

 

事業者変更承諾番号には15日間の有効期限があります。

もらったら、なるべく早くソフトバンク光へ申し込みしましょう。

 

STEP2:事業者変更承諾番号受け取り

電話が終わると、2時間程度で事業者変更承諾番号が発行されます。

発行されるとSMSとメールアドレスに、払い出しの完了メールが届きます。

 

So-netの事業者変更承諾番号はマイページから確認できるので、連絡があればマイページへログインして確認しましょう。

なお、マイページのログインには、So-netのユーザーIDとユーザーIDパスワードが必要です。

So-netの入会証から確認できます。

 

STEP3:ソフトバンク光へ申し込み

ソネット光プラスから、事業者変更承諾番号をもらえたら、ソフトバンク光へ申し込みします。

ソフトバンク光は乗り換える人にとても有利になっていて、違約金負担とキャッシュバックがあります。

 

この下の、キャッシュバック専用ページから申し込みしてくださいね。

移動先の『Webお申し込み』のボタンから、手続き出来ます。

 

事業者変更で手続きを進める

『Webお申し込み』から移動すると、まず『お申し込み区分』を選びます。

ソネット光プラスからの乗り換えは『事業者変更』を選びます。

【事業者変更を選ぶ】

 

その後すぐに、So-Net光プラスの事業者変更承諾番号("F"or"T"から始まる)を入力すればOKです。

マイページの番号をからコピペすれば、まちがいも無いと思います。

【事業者変更承諾番号を入力】

 

残りの情報も入力していく

残りの手続きに必要な情報も入力していきます。

名前や住所など、基本情報なので、すぐに終わります。

【手続きに必要な情報】

  • 名前/住所
  • 利用中の光回線(So-net光プラス)
  • 利用中の携帯電話会社
  • 連絡先(電話/メール)

ご利用中の光回線は、『So-net光(プラス)』を選びましょう。

 

なお、ここでは支払い情報は登録せず、後で登録します。

事業者変更でわかないことは、質問フォームもあるので、事前に質問しましょう。

 

もり
以上が、Webでの手続きです。

 

STEP4:折り返しの電話で内容確認

申し込みが終わると、折り返しの電話があります。

内容は回線の切り替えの日程申し込み内容の確認などです。

なお、申し込み時に折り返しの電話の日時は指定できます。

 

キャッシュバックの振込先を連絡するので、振り込んで欲しい口座番号を用意しておきましょう。

念のため、電話の内容をご紹介しますが、話したとおりに受け答えすれば大丈夫です。

【電話の内容】

  • 登録した内容の確認
  • おうち割光セットの確認
  • キャッシュバックの振込先連絡
  • 切り替えの日程の確認

 

もり
電話が終わると、1週間くらいで契約関係の資料が届きます。

 

STEP5:ソフトバンク光の支払登録

申し込みから1週間後くらいに、ソフトバンク(0800-111-2009)からSMSが連絡されます。

SMSに書かれている通りに、支払い方法を登録します。

 

なお、支払い方法を登録しないとキャッシュバックは受け取れません。

なので、忘れずに支払い方法を登録しましょう。

 

支払い方法はクレジットカードか口座振替です。

【支払い方法を選ぶ画面】

 

STEP6:回線の切り替えと設定

回線は自動で切り替わります。

ユーザーの作業はWi-Fiの設定です。

 

光BBユニットをレンタルした人は、切り替えする日にルーターを光BBユニットに差し替えます。

差し替えてからWi-Fiの設定をすれば、ソフトバンク光が使える状態になります。

【ルーター光BBに差し替える】

 

作業は10分もあれば終わると思います。

 

STEP7:ソネット光プラスのレンタル機器返却

ソネット光プラスからルーターを借りている場合は、返却が必要です。

借りている方は、『NECのAterm WG1200HS3』があると思いますので、返却しましょう。

なお、未返却の場合は6,200円の手数料がかかります。

【レンタル品のNECのAterm WG1200HS3】

 

返却場所については、ソネット光プラスの公式ページに記載はありませんでした。

解約時に電話で確認してみてくださいね。

 

STEP8:ソネット光プラスの違約金請求

ソネット光プラスの違約金を、ソフトバンク光に負担してもらいます。

ソフトバンク光では、ソネット光プラスの違約金が分かる証明書が必要です。

 

ソネット光プラスの証明書を入手するやり方

やり方は、ソネット光プラスのマイページからです。

マイページは退会後 6 か月までログインすることが可能できるので、解約後でも確認できます。

 

やり方は、So-net公式にもありますが、内容を抜粋しました。

【利用明細の確認方法】

  1. So-netの会員ページへログインする
  2. 「料金・キャンペーン・ポイント」から「ご請求料金の確認」を選ぶ
  3. 「お支払い明細」の一覧から「明細」をクリックして印刷する

 

以下のような、請求明細を印刷できます。

※引用元:So-netの会員サポートページ

 

証明書のアップロード方法は?

アップロードは、ソフトバンク光のマイページからです。

My SoftBankへログインした後、証明書の写真をアップロードします。

【アップロード方法(パソコン)】

  1. My SoftBankへログイン
  2. 『お客様情報』から『キャンペーンのお手続き状況』へ進む
  3. 『書類アップロード』から利用明細の写真をアップロード

※詳しい手順は公式サイト参照。

 

手続きが終われば、5営業日で結果が分かります。

結果に問題なければ、普通為替でキャッシュバックが受け取れます。

 

もり
以上が、手続きの全てですね。

最低限、ソネット光プラスへの電話ソフトバンク光へ申し込みすれば乗り換えはできます。

キャッシュバックは忘れないようにしましょう。

 

ソネット光プラスからの事業者変更で
限定キャッシュバック

キャンペーン専用サイト

<この先の『Web申し込み』から手続き>

 

 

 

ソネット光プラスからソフトバンク光の乗り換え費用は?

 

続いて、違約金含めて乗り換え費用を計算しました。

 

トータルでかかる費用

まず、トータルでかかる費用は、プラス4,520円です。

プラスになる理由は、So-Net光プラスの解約や初期費用より、ソフトバンク光の特典が大きいためです。

【かかる費用と特典の合計】

費用
ソネット光プラスの費用 -27,480円(※1)
ソフトバンク光の初期費用 -3,000円
ソフトバンク光の特典 35,000円
合計 4,520円

※1:ソネット光プラス、2年プランの契約期間内解約

 

念のため次の項目で、それぞれの料金を計算しました。

 

ソネット光プラスでかかる費用

ソネット光プラスでかかる費用は、事業者変更事務手数料と違約金(契約期間内の場合)です。

また、最終月は月額料の日割りがないので、その料金もプラスしています。

 

費用は以下の通り。

項目 金額
契約解除料・違約金 20,000円
事業者変更事務手数料 3,000円
最終月の月額料 4,480円
合計 27,480円

※マンションタイプで計算
※最終月の月額料は日割りなし

 

ソフトバンク光でかかる初期費用

続いて、ソフトバンク光でかかる初期費用は、初回の事務手数料のみです。

ソネット光プラスとソフトバンク光は同じ回線なので工事なしのため、乗り換えの場合は工事費用がかかりません。

項目 金額
初回の事務手数料 3,000円
工事費用 0円
合計 3,000円

 

なお、ソネット光プラスの固定電話番号をそのまま使いたい方は、番号ポータビリティ費用でこの料金に3,000円プラスです。

 

ソフトバンク光の特典

最後に、ソフトバンク光の契約による特典は、So-net光プラスの違約金負担とキャッシュバックです。

利用者がもらえる金額ですね。

項目 金額
ソネット光プラスの違約金負担 20,000円
事業者変更のキャッシュバック 15,000円
合計 35,000円

 

以上が、費用の全体です。

キャッシュバックがあり、最終的にはユーザー側が4,520円得をする計算になりますね。

 

もり
キャッシュバックは、専用ページからのみなので注意してくださいね。

 

キャッシュバックはこちら↓↓↓

⇒キャンペーン専用ページ

 

 

 

乗り換えのよくある質問や注意点まとめ

 

最後に、乗り換えのよくある質問や注意点をまとめました。

 

事業者変更でSo-netは退会になる

事業者変更で、So-netの会員からは、退会になります。

一応、「So-net 光 アクセス」コースに変更することで継続利用ができますが、料金がかかるのでおすすめしません。

【So-net光アクセスの料金】

金額
戸建て 1,000円
マンション 900円

 

なお、退会するとメールアドレスや、メールボックスの内容も消えます。

メールや残したいサービスがどうしてもある場合、解約時に電話で相談してみてくださいね。

 

ソネット光プラスのONU(光回線終端装置)は返却必要?

ONU(光回線終端装置)の返却は必要ないです。※NTTのロゴが入った機器です。

 

これはまず、ソネット光プラスのものではなく、NTTフレッツ光の持ち物です。

光信号(回線)を電気信号(LAN回線)に変換する装置ですが、ソフトバンク光でそのまま使います。

 

ルーターだけ、返却しましょう。

 

ソネット光プラスの契約期間と更新期間は?

契約期間は1ヶ月目~36ヶ月目の自動更新です。

更新期間は契約満了月の翌月と翌々月の1カ月間で、期間中は契約解除料は発生しません。

 

So-Net光プラス公式から、契約期間と更新期間のまとめを引用しました。

※引用元:So-Net光プラスのサービス概要

 

 

契約期間と更新期間の確認方法は?

マイページから契約期間と更新期間を確認できます。

やり方をご紹介しておきます。

【違約金確認方法】

  1. So-Netマイページへログインする
  2. 「ご契約サービスのご利用状況」から「ご契約情報の詳細」を選ぶ
  3. 「継続契約の次回更新月」から確認できます

 

移動先では、以下のように契約期間と更新期間を確認できます。

※引用元:So-Net会員サポート

 

フレッツ・テレビは継続できる?

一応、So-netの非会員でも、『So-net 光 with フレッツ S』として継続できるようです。

ただし、月額料金が750円ではなくなり、高くなるようなので、合わせて解約することをおすすめします。

 

代わりに、ソフトバンク光には、同等の『ソフトバンク光テレビ』のサービスがあります。

【ソフトバンク光テレビ】

 

料金はSo-Net光プラスと同じで、月額750円です。

こちらのオプションを申し込みましょう。

 

光電話の番号をそのまま使う方法は?

NTT東日本/西日本の固定電話を継続してソネット光プラスで使っている場合は、番号ポータビリティが使えます。

解約時に合わせてSo-netの事業者変更ダイヤルで相談してみてください。

So-netで新しく取得した電話番号は、ソフトバンク光で使えない可能性があります。

 

ソネット光プラスのプロバイダの解約は必要?

ソネット光プラスは光コラボレーションの契約形態です。

ソネット光プラスを解約した時点でプロバイダも自動的に解約になるので、手続きは必要ありません。

つまり、プロバイダ単体での解約金もありません。

 

もり
以上で、よくある質問と注意点のご説明を終わります。

 

 

 

【まとめ】ソネット光プラスからソフトバンク光へ乗り換え

 

最後にまとめです。

 

この記事では、ソネット光プラスからソフトバンク光へ乗り換えを総まとめしました。

改めて、ポイントをまとめます。

 

この記事のまとめ

  • 乗り換え手順
    ・ソネット光プラスへ電話して番号入手
    ・ソフトバンク光の専用ページから手続き
    ・工事の必要はなし
    ・キャッシュバックを忘れないこと
  • 乗り換えの費用
    ・4,520円のプラス
  • 乗り換えの注意点
    ・電話番号引き継ぎは解約時に相談する
    ・So-netの会員も退会になる

 

以上で、ソネット光プラスからの乗り換えのご紹介を終わります。

 

ソフトバンク光の乗り換えは、以下のリンクからです。

『Web申込』から手続きしてくださいね。

 

もり
とてもお得ですよ。

 

ソネット光プラスからの事業者変更で
限定キャッシュバック

キャンペーン専用ページ

<この先の『Web申し込み』から手続き>

 

 

もり
Webの乗り換えの特典は、ソフトバンク光の公式や店舗よりもお得です。

詳しく調べた結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

調べた場所

 

 

-申し込み

Copyright© 光回線のやさしい解体新書 , 2021 All Rights Reserved.