機能

ドコモ光のv6プラスとは?IPv6オプションやv6エクスプレス、IPoEインターネット接続機能の比較【IPoE/IPv4 over IPv6】


「ドコモ光のv6プラスって?」

「他のIPv4 over IPv6と何がちがう?」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモ光のv6プラスをご紹介します。

 

この記事の内容

  • ドコモ光のv6プラスのメリット
  • v6プラスと他のサービス比較
  • v6プラスの申し込みから設定まで
  • v6プラスのよくある質問・注意点

 

【まず結論】ドコモ光のv6プラスとは?

 

それでは、内容の前にかんたんな結論から。

 

まず、v6プラスは通信を安定させるために、ドコモ光では必須の機能です。

v6プラスが無いと、通信が混み合う夜の時間帯に遅くなりやすいです。

 

なお、この機能は『IPv6オプション』や『v6エクスプレス』、『IPoEインターネット接続機能(v6アルファ)』、『OCNバーチャルコネクト』と呼ばれたりします。

しかし、全て同じIPv4 over IPv6の機能です。

 

なぜなら、どの機能も日本ネットワークライブラー社のMAP-Eの技術を使っているためです。

呼び方はちがっても、使っている技術は同じです。

 

ちなみに、v6プラスの利用に追加料金はかかりません。

 

ただし、v6プラスの利用には、対応するルーターとその設定が必要になります。

ご自身でルーターを用意される人は、仕様を良く確認してから購入してくださいね。

 

最後に、ドコモ光は専用ページからの申し込みで、v6プラスの設定済みルーターが無料で入手できます。

なので、ルーター代を節約したい方、これから申し込みされる方は、以下のリンクから手続きしてくださいね。

 

もり

ドコモ光申し込みの限定特典です。

とてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

調べた結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

 

それでは、具体的に調べた内容をご紹介していきます。

 

ドコモ光にv6プラスが必要な理由やメリットは?

 

まずは、v6プラスが必要な理由やメリットからです。

 

通信速度が安定し高速になる

まず、v6プラスでドコモ光の通信はかなり安定します。

理由は、v6プラスにより、一度にたくさんのデータ通信が可能になるためです。

 

つまり、高画質の動画が見れたり、スムーズなゲーム操作ができます。

【v6プラスで通信が安定する】

※引用元:ドコモ光公式サイト
※イメージです

 

v6プラスの前は、「光回線なのに遅い」などのコメントも目立ちました。

しかし、そういったコメントは、v6プラスの導入によりほとんど無くなりました。

 

PS4などのWi-Fi機器でも使える

続いて、v6プラスはPS4やスマホなど、ネットにつなげる機器ならどれでも使えます。

つまり、ユーザーがPS4やスマホ、パソコンの設定をしなくても、v6プラスなら自動で速いインターネットができます。

 

参考までに、v6プラスが使える機器をご紹介しおきます。(一部)

【v6プラスが使える機器】

種類 機器
ゲーム PlayStation 4 (PS4)
PlayStation Vita
Nintendo Switch
ニンテンドー3DS
電子機器 スマホ
パソコン
タブレット
IoT家電 スマートスピーカー
ホームネットワーク
みまもりカメラ

 

以上、v6プラスが使える機器の一部をご紹介しました。

これらの機器は、v6プラスで速くて安定した通信ができます。

 

また繰り返しますが、ネットにつなげる機器ならどれでもv6プラスが自動で使えます。

なので、ここに挙げた機器以外も、もちろんv6プラスが使えます。

 

加入無料でデメリット無し

最後に、v6プラスは無料で加入できます。

と言うより、ドコモ光を普通に契約すると、v6プラスが使える状態になっています。

v6プラスを使う事にデメリットはありませんので、ドコモ光を契約時はぜひv6プラスを使ってください。

 

もり

v6プラスで安定した通信ができます。

とてもお得なサービスですね。

 

\このページ限定!最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:キャンペーンサイト>

 

 

 

ドコモ光のv6プラスとはそもそも何?

 

続いて、ドコモ光のv6プラスとIPv4 over IPv6についてご紹介します。

 

v6プラスはIPv4 over IPv6の呼び方

v6プラスとはIPv4 over IPv6と呼ばれる、通信技術の1つの呼び方です。

IPv4と呼ばれる今までの通信を、新しいIPv6のネットワークで通信することが可能になります。

 

例えば、ニンテンドースイッチやプレステ4(PS4)は、IPv4のネットワークのみに対応したゲーム機です。

しかし、v6プラスにより、IPv6の安定した速いネットワークで通信できます。

 

図で書くと、以下のイメージです。

【v6プラスの説明】

 

この通り、v6プラスによって、IPv4でもIPv6の速くて安定した通信ができますね。

 

v6プラス、IPv6オプション、v6エクスプレス、IPoEインターネット接続機能(v6アルファ)とのちがいは?

ドコモ光を調べた方なら、IPv6オプションやv6エクスプレス、IPoEインターネット接続機能(v6アルファ)サービス名を見たかもしれません。

しかし、これらは同じサービスで、IPv6のネットワークでIPv4の通信をするしくみです。

 

なぜなら、これらの機能は全て日本ネットワークライブラー社のMap-Eと呼ばれる技術を使っているためです。

 

つまり、名前のちがいは、プロバイダのちがいのみ。

IPv4 over IPv6の通信のしくみに、プロバイダが独自の名前を付けています。

 

なお、さらに詳しい内容は、isp_select@ウィキ(外部リンク)で説明されています。

 

v6プラスが使えるプロバイダは?

ドコモ光のプロバイダなら、ほとんどv6プラスが使えます。

 

v6プラスが使える代表的なプロバイダと、IPv4 over IPv6の機能名を、おすすめ順にご紹介します。

v6プラスと名称はちがいますが、全て同じ機能です。

【v6プラスが使えるプロバイダ】

プロバイダ IPv4 over IPv6技術
GMOとくとくbb
(おすすめNo1)
v6プラス
ぷらら
(おすすめNo3)
ぷららv6エクスプレス
DTI with ドコモ光
(おすすめNo2)
IPv6(IPoE)接続サービス
OCNバーチャルコネクト
@nifty IPv6サービス
OCN IPoEインターネット接続機能
(旧v6アルファ)
BIGLOBE IPv6オプション
ドコモnet IPv4 over IPv6機能

 

この通り、ほとんどのプロバイダでv6プラスが使えます。

当サイトのおすすめはGMOとくとくBBですが、もちろん他のプロバイダを選んでも問題なしです。

 

v6プラスが使えるルーターは?

バッファローやエレコム、NECなどのほとんどのルーターでv6プラスが使えます。

ただし、メーカーごとにv6プラス対応/非対応の両方のルーターがあるので、買うときに注意が必要です。

 

もし、細かいことが分からなければ、以下のルーターを選んでください。

バッファロー製のv6プラス対応ルーターで、コスパも良くおすすめです。

 

⇒バッファロールーターの対応リスト

 

なお、上でご説明した『GMOとくとくBB』は無料でバッファローのWi-Fiルーターがレンタルできます。

条件は、以下の限定特典ページから手続きすることのみなので、ぜひ利用してくださいね。

 

もり

もちろん、v6プラスの対応ルーターです。

無料なので、とてもお得です。

 

 

 

ドコモ光のv6プラスの申し込みから設定まで

 

続いて、ドコモ光の申し込みから、v6プラスを使うまでをご紹介します。

申し込みで必要な事はありませんが、ルーターでv6プラスの設定が必要です。

 

限定特典ページから申し込み

上でご紹介した、『GMOとくとくBB×ドコモ光』を例にご紹介します。

まず、以下の限定特典ページへ移動してください。

⇒【ドコモ光×GMO】限定特典サイト

 

移動後は、右上に分かりやすく『 お申し込み』ボタンがあります。

こちらの、ボタンから手続きを進めます。

 

契約電話番号・名前・住所・メールアドレスを入力して仮登録完了です。

 

登録後は、折り返しの電話があるので、料金プランの説明や工事の日程を確認します。

無料ルーターや特典も、このときに確認してくださいね。

 

ドコモ光の開通工事と接続

折り返しの電話で打ち合わせた通りに、ドコモ光の開通工事をします。

工事後は、以下のように機器を接続します。

 

光コンセントとONUは工事業者がつないでくれますが、ルーターとパソコンは自分でつなぎましょう。

 

v6プラスの接続を確認する

最後に、v6プラスの接続を確認します。

v6プラスはjpneの公式ページから、2ステップで確認できます。

【v6プラスの確認方法】

  1. jpneのv6プラス判定ページへ移動する
  2. 『判定開始』ボタンをクリックする

 

v6プラスの判定結果がでれば、問題なしです。

【v6プラスの判定結果】

 

以上が、v6プラスの申し込みから設定まででした。

 

もり

難しそうに見えますが、設定は20分くらいで終わります。

とてもかんたんに作業できます。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ドコモ光のv6プラスのよくある質問・注意点

 

最後に、v6プラスのよくある質問・注意点をご紹介します。

 

ドコモ光のv6プラスとMAP-Eの関係は?

MAP-Eはv6プラスの元になっている技術です。

つまり、ドコモ光はMAP-Eの技術を使って、v6プラスのサービスを提供しています。

 

MAP-Eは日本ネットワークライブラー株式会社(JPNE)の技術ですね。

参考までに、日本ネットワークライブラー株式会社(JPNE)のv6プラスの説明図をご紹介します。

【v6プラスの説明図】

※引用元:JPNE公式ページ(v6プラス)

 

ZOOT NATIVE(DS-Lite/transix)はとのちがいは?

フレッツ光を使っていた方なら、ZOOT NATIVE(DS-Lite/transix)を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、これらもv6プラスと同じIPv4 over IPv6の高速通信技術です。

 

厳密に言うと、技術の提供する会社や細かな差はありますが、ユーザーが利用する分には差を感じないです。

つまり、実際の機能は同じ、光回線業者ごとに名前を付けているだけですね。

 

その他の回線業者とIPv4 over IPv6技術の名前も比較でまとめておきました。

【光回線業者とIPv4 over IPv6機能】

光回線業者 IPv4 over IPv6技術
ドコモ光 v6プラス
(MAP-E)
フレッツ光 ZOOT NATIVE
(DS-lite / transix)
ソフトバンク光 IPv6高速ハイブリッド
(4rd/SAM)
auひかり IPv6デュアルスタック

 

この通り、それぞれ名前はちがいますが、機能は同じです。

 

v6プラスにドコモ光ルーター01は必要?

『ドコモ光ルーター01』は、ドコモオンラインショップで買える公式のルーターです。

こちらも、v6プラス対応ですが、必ずしもこのルーターを使う必要はないです。

 

上でもご紹介しましたが、市販のルーターでもv6プラスに対応しているからです。

ドコモ光ルーター01は7,000円で割と高いので、できれば無料ルーターを使う事をおすすめします。

 

v6プラスの設定が分からないときは?

設定が分からないときは、公式のQ&Aをチェックしてみてください。

GMOとくとくBBには、困った時のQ&Aがかなり細かく書かれています。

【GMOとくとくBBのサポートページ】

https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/018803

 

分からなければ、迷わず問い合わせしましょう。

 

もり

以上が、よくある質問・注意点でした。

 

 

 

【まとめ】ドコモ光のv6プラスとIPv4 over IPv6

 

最後にまとめです。

この記事では、ドコモ光のv6プラスをご紹介しました。

改めてポイントをご紹介しておきます。

この記事のまとめ

  • v6プラスはドコモ光ではほぼ必須の機能で、使うと通信が安定する
  • 以下サービスは、名称は違うが全て同じ機能
    ・IPv6オプション
    ・v6エクスプレス
    ・IPoEインターネット接続機能(v6アルファ)
    ・OCNバーチャルコネクト
  • v6プラスの申し込みはドコモ光を契約するだけ
  • 注意点は、v6プラス用のルーターの選び方と設定

 

以上で、ドコモ光のv6プラスのまとめを終わります。

 

最後に、ドコモ光は専用ページからの申し込みで、限定キャッシュバックと無料ルーターの特典があります。

申し込みは以下の専用リンクからなので、ぜひ利用してくださいね。

 

もり

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

調べた結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

 

参考にした情報

  • ドコモ光公式ページ
  • 日本ネットワークライブラー株式会社公式
  • 各プロバイダのキャンペーンサイト

 

-機能

Copyright© らくらくネット選び【ドコモ光】 , 2021 All Rights Reserved.