プロバイダ

ドコモ光のドコモnetはIPv6対応でもおすすめしない?通信速度・評判・特典は?【ドコモ光・プロバイダ評価】


「ドコモ光を申し込みたい」

「プロバイダのドコモnetってどう?」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモ光のプロバイダ、ドコモnetをご紹介します。

 

この記事の内容

  • メリット・デメリット
  • 口コミや実際の速度
  • キャンペーンや特典

 

【まず結論】ドコモnetのプロバイダ評価

 

それでは、内容の前に結論から。

 

ドコモnetは、プロバイダとしての十分です。

IPv4 over IPv6の高速通信に対応していますし、セキュリティやメールの基本サービスもあるためです。

 

実際の速度や口コミを調べても、光回線らしく速いです。

ドコモ公式のプロバイダなので、問い合わせ先がドコモ光と同じなのもポイントですね。

 

ただし、デメリットもあります。

ルーターを購入する必要があることと、申し込みのキャッシュバックがないことです。

 

つまり、他の特典が充実しているプロバイダよりも、初期費用が少しかかります。

以上の理由から、一番おすすめのプロバイダではありません。

 

一方で、当サイトでおすすめのプロバイダは『GMOとくとくBB』です。

【一番おすすめのGMOとくとくBB】

 

GMOとくとくBBならルーター無料ですし、申し込みによる限定キャッシュバックもあります。

もちろん通信速度も速く、かなり快適にドコモ光が使えます。

 

なので、初期費用の節約と速度で選ぶなら、『ドコモnet』よりも『GMOとくとくBB』をおすすめします。

 

ちなみに、GMOとくとくBBの特典は、専用ページからの申し込みのみです。

リンクは以下にありますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

当サイト作成にあたり、全24社のプロバイダを調べた結論です。

GMOとくとくBBはお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

GMOとくとくBBはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

私が調べた、24社のプロバイダ比較ランキングは以下の記事です。

 

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果をご紹介していきます。

 

【ドコモ光×ドコモnet】メリットとデメリット

 

まずは、メリットとデメリットから。

 

ドコモnetのメリット2つ

メリットを3つご紹介します。

 

1.IPv4 over IPv6の高速通信に対応

まず、ドコモnetは、IPv4 over IPv6の高速通信に対応しています。

このサービスはほとんどのプロバイダで対応していますが、ドコモnetでも漏れなく対応済みです。

 

【ドコモnetはIPv4 over IPv6対応済み】

 

なので、ドコモnetでも安定して、速い通信サービスを利用できます。

なお、このサービスに対応していないと、光回線本来の速い通信ができなくなる可能性が高いです。

 

2.ワンストップでサービスを提供

続いて、ドコモnetはドコモがワンストップサービスを提供するプロバイダです。

つまり、プロバイダで困ったことがあっても、全てドコモへ問い合わせが出来ます。

 

他のプロバイダは、別々の問い合わせ窓口があるのが一般的、ドコモnetなら迷い無く質問や確認ができるメリットがあります。

問い合わせ窓口はドコモ光と同じ】

  • 電話番号:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

 

もり

プロバイダの最低条件を満たした上で、ドコモに問い合わせできます。

 

 

ドコモnetのデメリット3つ

続いて、デメリットを3つご紹介します。

 

1.専用ルーターが必要

ドコモnetで、IPv4 over IPv6の速い通信を使うためには、専用のルーターが必要になります。

具体的には、ドコモ公式で取り扱っている『ドコモ光ルーター01』です。

【専用ルーターが必要】

 

この説明は、公式にもあります。

【ドコモnetのIPv4 over IPv6機能】

ドコモnetでは、ドコモ光ルーターをご利用いただくことで、 IPv4 over IPv6 通信によりIPv4のWebサイトなどの閲覧もより快適にご利用いただけるようになります。

※引用元:ドコモnetのIPv6高速インターネット接続

 

なお、ルーターは購入する必要があり、約7,000円かかります。

ルーターを無料で提供するプロバイダが多いですが、ドコモnetの場合はルーターの費用がかかります。

 

2.キャンペーンが少ない

続いて、キャンペーンが少ないです。

他のプロバイダは、申し込み時にキャッシュバックや、ルーター無料の限定特典があります。

しかし、ドコモnetには限定特典がありません。

 

【特典比較】

 限定特典 ドコモnet 他プロバイダ
キャッシュバック なし ~20,000円
dポイント 20,000pt 2,000pt
工事費 工事費無料 工事費無料
ルーター 購入必要
(7,000円)
無料レンタル
(永年)

※工事費無料は期間により実施していないことがあります。特典サイトに『工事無料』と書かれていることを確認してください。

 

この通り、他のプロバイダと比べると、初期費用が割高になります。

 

3.初期設定の訪問サポートサービスが有料

各プロバイダは初回のルーター設定が分からない人のために、初期設定サービスが用意されています。

このサービスを無料にしているプロバイダは多いですが、ドコモnetは有料になります。

【ドコモnetのサポートは有料】

サポート 料金
訪問サポート ネットトータルサポート
(550円/月)
遠隔操作サポート

 

ドコモ公式に問い合わせできるメリットはありますが、サポート時に費用が割高になるのがデメリットですね。

 

もり

以上が、メリット・デメリットでした。

公式の安心感はあるものの、初期費用が高くなりやすいのがデメリットです。

 

\GMOとくとくBBなら最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:キャンペーンサイト>

 

 

 

【ドコモ光×ドコモnet】プロバイダについて

 

ここで、ドコモnetのプロバイダについて、機能と特典をまとめてご紹介します。

 

ドコモnetのプロバイダ機能

まずは、ドコモnetの基本的なプロバイダ機能です。

ドコモnetは全国に対応していて、最大1Gbpsの速い光回線を使えます。

【ドコモnetのプロバイダ機能】

プロバイダ機能 料金
高速通信 1Gbps 標準
IPv6
IPv4 + IPv6
(transix/OCNバーチャルコネクト)
10Gbps 別料金
ルーター 7,700円/1台

 

ルーターが7,700円かかることを除けば、通常のプロバイダの機能ですね。

 

ドコモnetのプロバイダサービス

続いて、プロバイダの付帯サービスです。

大きなメリットはありませんが、標準のプロバイダサービスを満足しています。

【ドコモnetのプロバイダサービス】

サービス サービス名 料金
セキュリティソフト ネットワーク
セキュリティ 
385円/月
情報漏えい防止 マルウェア
ブロック 
無料 
メールサービス ドコモnet
メールサービス
1アドレス無料

 

ドコモnetのキャンペーン

ドコモnet独自のキャンペーンです。

デメリットでもご紹介しましたが、ドコモnetのキャンペーンは他のプロバイダに比べて少ないです。

【ドコモnetの独自キャンペーン】

キャンペーン 内容
キャッシュバック 特典なし
dポイント付与 2,000pt
ネットワークセキュリティ 12カ月無料 
無料ルーター 特典なし
工事費 工事費無料

※工事費無料は期間により実施していないことがあります。特典サイトに『工事無料』と書かれていることを確認してください。

 

もちろん、スマホ代割などの、ドコモ光自体のキャンペーンはドコモnetにも適用されます。

 

ドコモnetの提供会社について

ドコモnetの提供会社は、何度かご紹介しましたがNTTドコモです。

念のため、会社概要をご紹介しておきます。

【会社概要】

運営会社 株式会社NTTドコモ
代表者 吉澤 和弘
所在地 〒100-6150
東京都千代田区永田町2丁目11番1号
山王パークタワー
⇒アクセスマップはこちら
電話番号 03-5156-1111(代表)
業務内容 携帯電話サービス
光ブロードバンドサービス
衛星電話サービス など
サイト ホームページ

 

ドコモ光のプロバイダなので、突然のサービス終了などはまず無いと考えても良いですね。

 

もり

以上が、ドコモnetの機能と特典でした。

 

 

 

【ドコモ光×ドコモnet】口コミと実測(上り/下り)

 

ドコモnetの実際の口コミや通信速度も調べました。

 

ドコモnetの口コミ

口コミは速度を測定した結果がほとんどでした。

一部、ラグがあるとも口コミもありましたが、おおむね光回線らしい速い通信速度のようです。

 

 

 

この通り、光回線らしく速い通信速度ですね。

 

ドコモnetの実測(上り/下り/Ping)

念のため、実測も調べておきました。

速い通信が出来そうですね。

【口コミサイトの実測】

時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
149 189 23
140 170 32
夕方 140 169 23
149 128 26
深夜 122 141 21
平均 140 159 25

※引用元:みんなのネット回線速度(ドコモnet)

 

この通り、夜や深夜の混みやすい時間でも、光回線としての通信速度が出ています。

以上が、ドコモnetの口コミや実際の速度でした。

 

もり

通信は問題なさそうです。

 

 

 

【ドコモ光×ドコモnet】申し込みから設定まで

 

ドコモnetのWeb申し込み手順をご紹介します。

 

1.ドコモ光公式ページから手続き

まず、公式のお申し込み/ご相談フォームへ移動します。

⇒お申し込み/ご相談フォーム

 

移動後に必要情報を入力し、仮登録を済ませます。

【必要情報】

  • 契約状況の確認
  • 契約者名
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス

 

2.ドコモオペレータと打ち合わせ

仮申し込みが終わると、ドコモのオペレータから折り返しの電話があります。

折り返し電話で、登録内容の確認や、料金プランの説明があります。

 

もちろん、相談のみの問い合わせでも受け付けてくれるので、聞きたいことがあれば気軽に確認してみてください。

説明で問題なければ、そのまま工事日を決めて申し込み完了です。

 

3.ドコモ光の工事と開通

ドコモのオペレーターと話したとおりに、工事と開通をします。

基本的には、NTTの事業者が工事を実施してくれますが、ルーターは自分で接続します。

 

かんたんな工事と接続イメージは以下の通り。

【ドコモnetの工事イメージ】

 

ルーターは、コンセントと電源をつなぐだけでOKで、IPv6の接続も自動です。

あとは、パソコンやスマホとWi-Fiでつなげば、設定完了です。

 

4.ドコモnetのIPv6を確認する

最後に、ドコモnetのIPv6の接続を確認します。

IPv6に繋がれば、光回線の速い通信ができます。

【確認方法】

  1. ドコモnetのIPv6確認サイトへ移動する
  2. 『確認開始』ボタンを押す

 

以下のように、『IPv4 over IPv6とIPoE』が出れば、IPv6に繋がっています。

【確認結果】

 

なお、公式サイトを見ると、開通工事からIPv6接続が使えるまで、1週間くらいかかるようです。

 

以上が、ドコモnetの申し込みから、接続まででした。

 

もり

申し込みはWebから可能。

全ての手続きから設定は、1時間くらいで完了します。

 

 

 

【ドコモ光×ドコモnet】よくある質問・注意点

 

最後に、ドコモnetのよくある質問・注意点をご紹介します。

 

ドコモnetに繋がらない

ドコモnetに繋がらない場合は、ルーターの接続を確認してみてください。

やることは、以下の3つです。

【やること】

  1. Wi-Fiとパソコンやスマホの再接続
  2. ルーターに繋がっているケーブルを抜き差し
  3. ルーターの電源をOFF/ONする

 

ほとんどの場合、ルーターの電源OFF/ONで再接続できるはずです。

 

ドコモnetが遅い

この場合は、IPv6に接続しているか確認してみてください。

ドコモnetのIPv6確認サイトから、IPv6の接続確認が出来ます。

 

なお、上でもご紹介しましたが、開通工事からIPv6が接続できるまで、1週間かかるようです。

開通後すぐの人は、1週間待ってから確認してみてくださいね。

 

以下のように、ドコモ光公式にも説明があります。

【IPv6インターネット接続開通】

IPv6は『②ドコモ光開通工事』の開通から1週間程度経過後に開通します。

また、お客さまのご利用状況によっては更に遅れる場合があります。

※引用元:ドコモ光公式

 

ドコモnetでv6プラスは使える?

使えません。

ドコモnetでは、v6プラスではなく、transixとOCNバーチャルコネクトが使えます。

 

ただしどちらも、IPv4 over IPv6の技術なので、速い通信ができます。

プロバイダによって、サービスの名前がちがうだけです。

 

もり

以上で、よくある質問・注意点を終わります。

 

 

 

【まとめ】ドコモ光×ドコモnetのプロバイダ評価

 

まとめです。

この記事では、ドコモ光のプロバイダ『ドコモnet』の評価結果をご紹介しました。

改めると、この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

  • ドコモnetのメリット
    ・ドコモの提供でサポートが分かりやすい
  • ドコモnetのデメリット
    ・プロバイダ独自のキャンペーンが少ない
  • ドコモnetはプロバイダとして?
    ・IPv6に対応していて、通信速度は十分
  • ドコモnetの申し込み方法
    ・ドコモ光公式ページから申し込み

 

以上で、ドコモnetの評価を終わります。

 

最後に、当サイトでおすすめするプロバイダは、『GMOとくとくBB』です。

限定キャッシュバックがある上に、ルーター無料もあるためです。

 

さらに、通信速度(実測)一番速いプロバイダでもあります。

ドコモ光のプロバイダ選びは、GMOとくとくBBをおすすめします。

 

もり

24社全てのプロバイダを調べて出した結論です。

とてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

私が調べた、24社のプロバイダ比較ランキングは以下の記事です。

 

 

 

 

-プロバイダ

Copyright© らくらくネット選び【ドコモ光】 , 2021 All Rights Reserved.