機能

ドコモ光電話バリューとは?メリット・デメリットとドコモ光電話の比較。


「ドコモ光電話バリューって?」

「加入するべき?」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモ光のドコモ光電話バリューをご紹介します。

 

この記事の内容

  • ドコモ光電話バリューのメリットデメリット
  • ドコモ光電話バリューとドコモ光電話の比較
  • ドコモ光電話バリューの申し込み方法
  • よくある質問と注意点

 

 

【まず結論】ドコモ光電話バリューとは?

 

それでは、内容の前にまず結論から。

 

ドコモ光電話バリューとは、固定電話でよく電話するひとや、電話機能も多く使いたいひとにおすすめのサービスです。

電話機能とは、番号表示や転送電話などの付帯サービスになります。

 

理由は2つ、480円の無料通話が付くことと、転送電話などの6つの電話サービスが追加料金なしで使えるからです。

なので、固定電話やそのサービスをよく使うひとはおすすめになります。

 

一方で、固定電話への通話が少ない人や、電話を掛けたり受けるだけの人は、ドコモ光電話バリューはおすすめしません。

理由は、無料通話が固定電話への通話のみであることと、基本料金が1,000円上がるので、付帯サービスを使わないとお得にならないことです。

 

電話だけ使いたいひとは、月額500円のドコモ光電話への加入をおすすめします。

無料通話や付帯サービスはありませんが、ドコモ光電話バリューよりも月額料金が安いです。

 

念のため、両者を比較しておきます。

【ドコモ光電話の比較】

  ドコモ光電話 ドコモ光電話バリュー
 月額基本料 500円/月 1,500円/月
通話代(※) 8円/3分 8円/3分
 無料通話 なし 480円分
追加料金なしの
付帯サービス
なし 通話中着信、転送でんわ、発信者番号表示、ナンバー・リクエスト、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメール

※固定電話への通話代

 

以上が、ドコモ光電話バリューのかんたんなまとめでした。

 

まとめの最後に、ドコモ光は専用ページからの申し込みで、限定特典があります。

リンクは以下に設置していますので、加入する人もしない人もこちらから手続きしてくださいね。

 

もり
限定特典はとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ここからは、具体的に調べた結果をご紹介していきます。

 

ドコモ光電話バリューのメリットとデメリット

 

メリットデメリットのご紹介からです。

 

メリットは2つ

ドコモ光電話向けサービスが標準で付く

まず、ドコモ光電話向けのサービスが標準で付帯されます。

例えば、転送電話、発信者の番号表示、着信お知らせメールなどですね。

 

具体的には、6つのサービスが追加料金なしで使えます。

【ドコモ光電話向けサービス】

サービス名 月額料金 かんたんな説明
1 通話中着信 300円 通話中の着信を受けられて、片方を保留にできる
2 転送でんわ 500円 かかってきた電話を指定した電話番号に転送できる
3 発信者番号表示 400円 相手の番号をディスプレイ表示できる
4 ナンバー・リクエスト 200円 非通知の着信には自動で通知してかけ直すように伝えられる
5 迷惑電話ストップサービス 200円 指定の電話番号からの着信を拒否できる
6 着信お知らせメール 100円 着信があったことをメールで確認できる
合計 1,700円

 

以上の通り、6つで合計1,700円のサービスを追加料金なしで使える事がメリットになります。

これらのサービスをよく使う方にとっては、メリットのあるサービスです。

 

無料通話が480円分付与される

2つ目のメリットは、無料通話が480円分付与されることです。

 

ドコモ光電話の通話代は、3分あたり8円になります。

つまり、月あたり60分の通話代が無料になります。

 

【ドコモ光電話バリューは無料通話つき】

電話先 通話代 無料通話
固定電話へ 8円/3分 180分
テレビ電話 15円/3分 96分

 

この通り、ドコモ光電話バリューには無料通話が付くので、定期的に電話をする方にはメリットになります。

また、余った無料通話分は翌月まで繰り越しが出来ます。

 

もり
光電話のサービスが充実し、無料通話付きになることがメリットですね。

 

 

デメリットは3つ

続いて、デメリッは3つです。

 

月額料金はドコモ光電話より高い

1つ目は、月額料金がドコモ光電話よりも上がることです。

具体的には、月あたり1,000円の値上がりになります。

 

つまり、通話をあまりしない人や、付帯サービスをあまり使わない人はメリットがありません。

特に、付帯サービスの1つや2のみ使いたい場合は、ドコモ光電話と個別に付帯サービスを申し込みした方が安いです。

【ドコモ光電話との料金差】

  • ドコモ光電話バリュー
    =1,500円/月
  • ドコモ光電話
    =500円/月
  • 料金差
    =1,000円/月

 

無料通話や付帯サービスが必要ない人は、ドコモ光電話のみ申し込みしましょう。

 

固定電話とテレビ電話以外は無料通話の対象外

ドコモ光電話バリューには無料通話が付帯しますが、固定電話とテレビ電話のみ対象になります。

つまり、携帯電話(スマホ)、IP電話、国際電話、PHSなどは、無料通話の対象外です。

【無料通話の対象】

  • 無料通話の対象
    ⇒固定電話、テレビ電話
  • 無料通話の対象外
    ⇒携帯電話、050IP電話、PHS、ポケベルなど、国際電話

 

なので、光電話からスマホへよく電話する人は、あまりメリットにはならないです。

 

標準で付帯されないサービスもある

3つ目は、ドコモ光電話バリューに標準で付帯されないサービスもあることです。

具体的には、2つあります。

【標準で付帯されないサービス】

サービス名 月額料金 サービス内容
ダブルチャネル 200円 1契約で同時に2回線分の通話ができる
追加番号(※1) 100円 契約番号に別の電話番号を追加できる

※1:最大5つまで

 

つまり、この2つのサービスが必要な方は、ドコモ光電話バリューでも別途オプション追加必要になります。

 

以上が、メリット・デメリットでした。

 

もり
無料通話と付帯サービスが複数必要な方は、ドコモ光電話バリューの申し込みをしましょう。

ドコモ光のお得キャンペーンは以下のリンクから。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ドコモ光電話バリューとドコモ光電話の比較一覧

 

ここで一旦、『ドコモ光電話バリュー』と通常の『ドコモ光電話』を一覧で比べておきます。

ご紹介したとおり、ちがいは月額料金、無料通話、付帯サービスの3つです。

 

【光電話の比較】

項目 ドコモ光電話
バリュー
ドコモ光電話
月額料金 1,500円 500円
通話代
固定電話 8円/3分
ドコモ携帯 16円/1分
海外(※1) 9円/1分
無料通話 480円分 なし
初期費用 事務手数料 0円
工事費 3,000円
付帯サービス 通話中着信 標準 300円
転送でんわ 標準 500円
発信者番号表示 標準 400円
ナンバー・リクエスト 標準 200円
迷惑電話ストップサービス 標準 200円
着信お知らせメール 標準 100円
ダブルチャネル 200円
追加番号 100円
解約金(※2) 0円

※1:アメリカへ掛けた場合の料金
※2:ドコモ光電話のみ解約する場合

 

以上が、ドコモ光電話バリューとドコモ光電話の比較でした。

 

もり
無料通話と付帯サービスが必要な人は、ドコモ光電話バリューを申し込みしましょう。

 

 

 

ドコモ光電話バリューの申し込み手順

 

続いて、ドコモ光電話バリューの申し込み手順です。

ドコモ光と同時に手続きする方法を3ステップでご紹介します。

 

限定特典サイトからWeb手続き

まず、以下のドコモ光の限定特典サイトへ移動します。

専用ページからの申し込みにより、お得なキャンペーンがあるためです。

⇒【ドコモ光×GMO】限定特典サイト

 

移動後は、『お申込み』ボタンから、氏名、電話番号、メールアドレスを登録します。

なお、Web手続きでは申し込み完了ではありません。

 

ドコモ光電話バリューが必要と伝える

Web登録が終わると、折り返しの電話があります。

電話の内容は、登録情報の確認やプランの説明、工事の案内などです。

 

この折り返し電話で「ドコモ光電話バリューが必要」と、オペレーターに伝えます。

伝えた後は、NTT固定電話からの引き継ぎなど、手続きの段取りを確認します。

 

内容に問題なければそのまま契約になります。

後ほど、工事の日程も確認します。

 

ドコモ光電話バリューの工事と設定

打ち合わせしたとおりの日程で、ドコモ光電話バリューとドコモ光の工事を実施します。

工事の内容は公式サイトに書かれていましたので、イメージ図を引用します。

【ドコモ光の工事イメージ】

※引用元:ドコモ光公式

 

以上の通り、一部はNTT業者が工事し、一部はユーザーで設定します。

ユーザーでの設定が分からなければ、電話の時に相談してくださいね。設定サポート無料のサービスがあります。

 

もり
以上が、ドコモ光電話バリューの申し込みから工事まででした。

お得なキャンペーンは以下のリンクから。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ドコモ光電話バリューのよくある質問と注意点

 

最後に、ドコモ光電話バリューのよくある質問と注意点をご紹介します。

 

電話線(モジュラーケーブル)は必要?

必要ありません。

今使っている電話線でも、ドコモ光電話バリューは使えます。

 

また、新しく電話を買う場合でも、基本的に電話線は付属されています。

なので、ご自身で電話線を買う必要は無いです。

 

ドコモ光電話バリューの変更や解約方法は?

ドコモ光電話バリューからドコモ光電話への変更や解約をしたい時は、ドコモサポートセンターへの電話になります。

以下の連絡先へ電話して、変更や解約をお願いしいましょう。

【ドコモサポートセンター】

  • 電話番号:0120-800-000
  • 営業時間:9:00~20:00
    ※年中無休

 

もり
以上が、よくある質問と注意点でした!

 

 

 

【まとめ】ドコモ光電話バリューの内容

 

まとめです。

この記事では、ドコモ光電話バリューをドコモ光電話と比べながらご紹介しました。

 

改めてポイントをまとめておきます。

この記事のまとめ

  • ドコモ光電話バリューのメリット
    ・標準で付帯サービスあり
    ・480円分の無料通話あり
  • ドコモ光電話バリューのデメリット
    ・月額料金が1,000円上がる
    ・無料通話は固定電話かテレビ電話のみ
    ・一部のサービスは有料

 

以上です。

 

最後に、ドコモ光は専用ページから申し込みで限定特典があります。

以下にリンクを設置していますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり
限定特典はとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

-機能

Copyright© らくらくネット選び【ドコモ光】 , 2021 All Rights Reserved.