ドコモ光 株式会社TOKAIコミュニケーションズ

TNCとドコモ光は安定しづらい!選ぶべきで無い理由を4つまとめました。

2020年6月16日

TNCとドコモ光は安定しづらい!選ぶべきで無い理由を4つまとめました【アイキャッチ画像】


「TNCとドコモ光はおすすめ?」

「TNCの評判や通信速度はどう?」

こう考えている方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、TNCとドコモ光の注意点や評判、通信速度を調べてまとめました。

 

この記事の内容

  • TNC(TOKAIネットワーククラブ)の評判
  • ドコモ光とTNCの通信速度
  • ドコモ光におすすめプロバイダ

 

【まず結論】TNCとドコモ光の評価と速度

 

それでは、内容の前にまとめから。

実際の通信速度、口コミも調べましたが、TNCはプロバイダとしておすすめしません。

 

一番の理由は口コミです。

「TNCの通信速度が遅い」との口コミが、Google Map上やTwitter上でいくつも見つかりました。

 

他のプロバイダでもゼロではないのですが、TNCは特に口コミが多い印象です。

例えば、Google Mapの評価を見てみると、★1.7とでとても低いです。

【Google Mapの評判は★1.7(32件中)】

 

また、v6プラスに対応しておらず、通信が不安定になりやすいのも理由のひとつです。

つまり、特にこだわりが無い限り、TNCは選ぶべきではないプロバイダだと思いました。

 

ドコモ光で一番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBBです。

おすすめの理由は、以下の記事でまとめているので参考にしてください。

 

 

 

続いて、TNC(TOKAIネットワーククラブ)の公式サイトは、ドコモ光申し込みの限定特典がありません。

ドコモ光はネットの代理店からの申し込みがお得です。

 

特に以下の専用窓口から申し込むと、「42,000円の限定キャッシュバック」がもらえてお得です。

【お得な申込窓口】

 

なので、これから申し込む人は「TNC」や「GMOとくとくBB」に関わらず、限定特典サイトからの手続きしてください。

リンクは以下に設置しています。

 

もり

ドコモ光の限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

限定特典サイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

もり

ご紹介した代理店はドコモ光の申込先で一番お得です。

窓口は以下のリンクでランキング比較しています。

 

 

 

 

それでは、調べた結果をひとつずつご紹介します。

 

ドコモ光でTNCを選ぶべきでない理由

 

選ぶべきでない理由は4つです。

 

v6プラス非対応でTNCは通信が安定しづらい

まず、TNCは一部の他のプロバイダよりも通信が安定しづらくなります。

理由は、IPv4 over IPv6のv6プラスに対応していないためです。

 

実際に、TNCのプロバイダ提供条件書も確認しました。

【TNCのプロバイダ提供条件書】

※引用元:プロバイダ提供条件書(TNC)

 

この通り、IPv6通信には対応していますが、IPv4 over IPv6のv6プラスには対応していませんね。

ちなみに、対応してるプロバイダは、「IPv4 over IPv6」と書かれています。

 

TNCの口コミは低評価が多い

続いて、TNCの口コミは低評価が多かったです。

一番多かった口コミは「通信速度が遅い」です。

 

この記事を作成するに当たり、Google Mapの評価とTwitterの口コミをどちらも確認しましたが、どちらも通信速度が遅い口コミが多かったです。

例えば、以下の口コミです。

 

この通り、TNCには良い評判がありませんでした。

 

TNCのドコモ光は月額料が200円高い

続いて、TNCは月額料が200円高いです。

理由は、TNCがタイプBのプロバイダのため。

 

ドコモ光はプロバイダがタイプAとタイプBの2種類に分かれていて、タイプBはタイプAより200円高いです。

つまり、タイプBのTNCは他のタイプAのプロバイダよりも、200円高くなります。

 

TNCのタイプBの特典が無い

続いて、TNCにはタイプBのメリットや特典がありませんでした。

ドコモ光のタイプBのプロバイダは全6種類ですが、その内、OCNとAsahiネットにはタイプBのメリットがあります。

【タイプBにメリットがあるプロバイダ】

  • OCN
    =OCNモバイルONEのスマホ代も月200円引き
  • Asahiネット
    =ブログとメールが無制限で使い放題

 

このように、タイプBにメリットがあるプロバイダもある中、TNCにはそのメリットがありません。

なので、TNCを選ぶ理由も見つかりませんでした。

 

もり

やはり、値段が高いながら通信速度が遅い事が、大きなデメリットになります。

 

 

 

ドコモ光とTNCは評判は悪い!

 

続いて、口コミや評判を調べました。

Google MapとTwitterに口コミがありましたが、あまり良い評判ではなさそうでした。

 

Google Mapの総合評価では★1.7で提供か

まず、全体的な評価は★1.7と、低い評価でした。

【TNCの評判は★1.7(32件中)】

 

この通り、★5もありましたが、圧倒的に★1が多い事で、★1.7の低評価に繋がっているようです。

実際のコメントを調べたところ、通信速度が遅いのが一番多い評価理由でした。

 

また、一部で電話対応に関する評価もありました。

 

Google Mapの個別口コミも悪い

実際の口コミも3件ご紹介します。

通信速度が遅い口コミが多いようですね。

●口コミ1


とにかく、速度が遅い!V6プラスはいつ導入するのかな?
今のところ、お薦めできないです。乗り換え考えて調査中!

※引用元:Google Map(TNC)

●口コミ2


Wi-Fiゴミクズすぎて全然使いもんにならない。いつも家ではWi-Fi切って使ってる。
なぜなら、ここのWi-Fiゴミすぎて切った方が早いから。YouTuber見ててもすぐに切れる。
ゲームをやればAndroid並みに遅くなる。

※引用元:Google Map2(TNC)

●口コミ3


集合住宅に住んでますが、電波状態が悪いと伝えたら、戸数が増えれば仕方がないと済まされた。
そのくせ、引き落としが出来なかったら即電話が来て○日までに払って下さい。
過ぎると使えないです。と。支払ってても使えないけど、それは良いの?改善して欲しいです。

※引用元:Google Map3(TNC)

 

Twitterでも「速度が遅い」と口コミが多い

続いて、TNCのTwitterでの口コミも調べました。

全体的には、それほど多くの口コミや評判はありませんでした。

 

しかし、見つかった口コミを見てみると、Google Mapと同じように「通信速度が遅い」との口コミが多かったです。

こちらも、実際の口コミを3つご紹介しておきます。

 

この通り、あまり良い評判ではありませんでした。

 

もり

以上が、口コミと通信速度でした。

ご紹介したとおり、TNCは低評価の口コミ評判がとても多いです。

 

 

 

TNCとドコモ光の通信速度を調べた結果

 

続いて、実際の通信速度と口コミを調べました。

 

ドコモ光は夜の実測が遅い

ドコモ光×TNCの実測をユーザーの口コミサイトから調査しました。

結果、夕方と夜の時間帯に遅くなりがちなようです。

 

やはり、v6プラス(IPv4 over IPv6)に対応していないので、混み合いやすいゴールデンタイムに遅くなっていると思います。

実際の通信速度は以下の通り。

【ドコモ光×TNCの時間帯別の通信速度】

時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
184 190 14
570 785 9
夕方 234 529 13
265 192 13
深夜 467 585 12

※引用元:みんなのネット回線速度(ドコモ光×TNC)

 

以上の通り、ドコモ光のプロバイダにTNCはおすすめしません。

 

ドコモ光のおすすめプロバイダは?

ドコモ光におすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

v6プラス対応で、1日中通信速度が安定します。

 

また、GMOとくとくBBはドコモ光で一番人気のプロバイダです。

【おすすめプロバイダ(GMOとくとくBB)】

 

これから申し込む人は、「TNC」でも「GMOとくとくBB」でも以下の限定特典サイトから手続きしてください。

 

もり

限定キャッシュバックがもらえてとてもお得です。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

TNC(TOKAIネットワーククラブ)のよくある質問

 

TNCに関する、よくある質問と注意点をまとめました。

 

@TCOMとTNCの違いは?

@TCOMとTNCは同じTOKAIコミュニケーションズが運営するプロバイダです。

TNCは元々TOKAIグループが運営していたダイアルアップに対応したプロバイダで、@TCOMはCATVを運営するTHN(トーカイハイウェイネット)が運営していました。

 

しかし、THNがTOKAIグループに吸収合併されたため、現在は@TCOMとTNCの両方をTOKAIコミュニケーションズが運営しています。

@TCOMとTNCの違いを簡単にご紹介します。

@TCOM TNC
プロバイダタイプ タイプB タイプB
v6プラス
(通信安定技術)
あり なし
無料ルーター あり なし
訪問サポート 初回無料 有料
リモートサポート 有料 なし
セキュリティソフト 12カ月無料 12カ月無料

 

見てもらったら分かりますが、同じタイプBにもかかわらず、明らかに@TCOMのサービスが優遇されています。

なので、@TCOMとTNCで迷われている方は、@TCOMがおすすめです。

 

ただし、どちらもタイプBのため、一番のおすすめではありません。(一番はGMOとくとくBB)

 

ドコモ光とTNCが遅いときは?

素直にプロバイダを変更しましょう。

口コミもあまり良くないので、プロバイダ変更が一番解決する近道になります。

 

変更方法は、ドコモ光への電話です。

  • やり方 :ドコモ光カスタマーサポート
  • 電話番号:0120-800-000
  • 受付時間:午前9時~午後8時

 

おすすめプロバイダは、GMOとくとくBBです。

 

ドコモ光とTNC解約方法は?

ドコモ光へ電話すれば、解約できます。

ただし、TNCの場合は、TOKAIコミュニケーションズよりプロバイダの継続意志の確認があるようです。

【ドコモ光とTNCの解約について】

プロバイダ契約の継続意向について、TOKAIネットワーククラブ事務局よりお客さまへ意思確認をさせていただきます。

継続される場合につきましては、変更したコースに対応した利用料金が発生します。

※引用元:プロバイダ提供条件書(TNC)

 

この後、解約申請は25日までに書面で提出が必要なので、なるべく余裕を持って解約することをおすすめします。

なお、継続には「TNCのプロバイダ継続料」がかかるようなので、特別な理由が無い限り「TNCを継続しない」をおすすめします。

 

ドコモ光とTNCヒカリを比較

ドコモスマホはドコモ光がお得で、LIBMOのスマホはTNCヒカリがお得になります。

基本料金はTNCヒカリが若干安いですが、それぞれスマホ割りがあるので、スマホのキャリアに光回線を合わせた方がトータルのネット代は安いです。

 

念のため、ドコモ光とTNCヒカリの月額料金とスマホ代割引を比較しました。

【ドコモ光とTNCヒカリの比較】

ドコモ光 TNCヒカリ
月額 マンション 4,000円 3,800
戸建て 5,200円 5,100
スマホ代割引 ドコモ
(~1,000円)
LIBMO
(300円)
ポイント特典 dポイント付与

※1:ドコモ光はタイプAで計算
※2:TNCヒカリは2年バリューパックで計算

 

この通り、ドコモ光はドコモスマホの割引があり、TNCヒカリにはLIBMOのスマホ代割引があります。

なので、スマホに合わせて光回線を選べば、損しません。

 

もり

以上が、よくある質問・注意点でした!

 

 

 

プロバイダ運営の株式会社TOKAIコミュニケーションズを調査

 

最後にTNC(TOKAIネットワーククラブ)を運営する、株式会社TOKAIコミュニケーションズをご紹介します。

 

株式会社TOKAIコミュニケーションズとは

TOKAIコミュニケーションズが静岡県に所在する、インターネットサービスプロバイダですね。

TNCと@TCOMの両方を運営しています。

 

TOKAIコミュニケーションズの会社のプロフィールは以下の通り。

【会社プロフィール】

運営会社 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
(TOKAI Communications Corporation)
サービス TOKAIネットワーククラブ(TNC)
設立 1977年3月18日
所在地 〒420-0034
静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8
TOKAIビル
電話番号 0120-696-927
サイト ホームページ

 

TOKAIコミュニケーションズの外観

TOKAIコミュニケーションズの建物の外観もご紹介しておきます。

こちらのTOKAIビルに、TOKAIコミュニケーションズが所在します。

※引用元:Google Map

 

もり

以上で、TOKAIネットワーククラブのご紹介を終わります。

 

 

 

【まとめ】TNCとドコモ光

 

まとめです。

この記事では、TNC(TOKAIネットワーククラブ)の評判をまとめしました。

改めてポイントをまとめると、以下の3つです。

この記事のまとめ

  • TNCを選ぶメリットはほぼ無し
    ・通信が不安定
    ・口コミに低評価が多い
    ・月額料が高い
    ・タイプBのメリットもなし
  • ドコモ光は「GMOとくとくBB」がおすすめ

 

以上です。

 

最後に、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

理由は、光回線の通信速度が速く安定していること、人気があること、限定特典がお得なことなどが理由です。

 

なおドコモ光は限定特典サイトからの申し込みでキャッシュバックがもらえます。

「TNC(TOKAIネットワーククラブ)」や「GMOとくとくBB」に関わらず、以下のサイトからの手続きしてください。

 

もり

ドコモ光の限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

限定特典サイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

もり

ご紹介した代理店はドコモ光の申込先で一番お得です。

窓口は以下のリンクでランキング比較しています。

 

\特典は忘れずチェックしてね!/

※引用元:ドコモ光代理店のランキング比較

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-ドコモ光, 株式会社TOKAIコミュニケーションズ