ドコモ光 プロバイダ 株式会社NTTドコモ

ドコモnetの評判は?IPv6におすすめのルーターやドコモ光の通信速度を調査!

2021年12月23日

ドコモ光のドコモnetの評判や通信速度は?ルーターやキャンペーンをお得にもらう方法は?【アイキャッチ画像】


「ドコモnetの評判は?」

「IPv6におすすめのルーターや通信速度も知りたい。」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモnetの評判と速度、おすすめのルーターをまとめました。

 

この記事の内容

  • ドコモnetの口コミ評判
  • ドコモnetのIPv6の通信速度
  • ドコモnetのIPv6におすすめのルーター
  • ドコモnetのメリット・デメリット
  • 一番お得に申し込む方法

 

【目次】

【まず結論】ドコモnetの評判は?

 

それでは、内容の前に結論から。

ドコモnetは評判が良く、通信速度も全プロバイダで第1位です。

 

実際に通信速度をアップロードしている利用者は多かったですが、どの口コミでも光回線らしい速度でした。

 

なので、動画やアプリを使っても、ストレスなく使えます。

また、IPv4 over IPv6の高速通信に対応していますので、夜の混みやすい時間帯や複数人での利用にも強いです。

 

一方で、ドコモnetのデメリットはドコモ公式の申し込みの特典が少ないことです。

ドコモnetではIPv6ルーターを購入する必要があり、公式サイトや店舗から申し込むとキャッシュバックがありません。

 

なので、「ドコモnet」を選ぶ人は、限定特典サイト(NNコミュニケーションズ)からの契約がお得です。

【ドコモ光の限定特典サイト】

 

NNコミュニケーションズから契約すれば、工事費無料と限定キャッシュバックを同時に受けられます。

なので、初期費用の節約するために、以下のリンクから手続きしてください。

 

もり

NNコミュニケーションズの限定キャッシュバックはお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

NNCの限定特典サイト

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

NNコミュニケーションズは一番お得な申込窓口です。

申し込み先の比較一覧は以下の記事でまとめました。

 

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果をご紹介していきます。

 

ドコモnetの評判はとてもいい!

 

口コミは速度を測定した結果がほとんどでした。

一部、ラグがあるとも口コミもありましたが、ほとんどが光回線らしくとても速い通信速度のようです。

具体的な口コミもまとめました。

 

【評判1】回線強者すぎる・・・

ドコモnetの通信速度に対して、「回線強者過ぎる」との口コミでした。

実際に、下りで715Mbpsと非常に速い速度でした。

 

【評判2】ドコモ光へ切り替え後も速い!

他の光回線からドコモ光へ乗り換えた人もいました。

前の光回線と比べても、ドコモnetは速い速度で使えているようです。

 

【評判3】速度の投稿はとても多かった

ドコモnetの速度を投稿している利用者はとても多かったです。

いずれの人も、速い速度でした。

 

【評判4】過去にメンテナンス中の時もあった

過去には、メンテナンス中の時もあったようで、そのときの通信速度は遅かったようです。

ただし、「メンテナンス中」のコメント自体少なかったので、通信障害などはほとんど起こらないと思います。

 

【評判5】IPv6接続には工事から1週間かかる

ドコモ光のIPv6接続に工事日から1週間かかるとのコメントもありました。

ひょっとしたら、工事直後は思ったほどの通信速度は出ないかもしれません。

 

ただし、ドコモ光のIPv4(PPPoE)は工事直後に使えるので、インターネットはすぐに使えます。

 

【評判6】IPv4 over IPv6の速度が速い

ドコモ光のIPv6が1週間後に繫がった人の口コミです。

Googleのスピードテストを試したところ、とても速かったようです。

 

以上が、ドコモnetの代表的な口コミ評判です。

 

もり

ドコモnetはとても速いプロバイダです。

ただし、工事後から1週間はIPv6に繫がらないので、遅い可能性もあります。

 

 

 

ドコモnetはIPv6の通信速度は全プロバイダで第1位!

 

ドコモnetのIPv6(IPv4 over IPv6)の速度も調べました。

結果、ドコモ光の全23社のプロバイダで第1位の通信速度でした。

 

ドコモnetと全23社のプロバイダの速度を比較

ドコモnetを含め全23社のプロバイダの速度を比較しました。

結果、ドコモnetの通信速度は300Mbps以上で第1位でした。

【プロバイダの速度比較(下りの実測)】

ドコモnetはドコモ光でNo1の通信速度(全23社のプロバイダの比較結果)

通信速度ランキングの詳しい内容
順位 プロバイダ 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
1位 ドコモnet 243 309 17
2位 GMOとくとくBB 254 307 21
3位 ぷらら 216 289 20
4位 OCN 210 278 19
5位 BIGLOBE 220 274 19
6位 AsahiNet 225 271 19
7位 @TCOM 205 270 16
8位 エディオンネット 186 266 28
9位 BB.excite 217 241 22
10位 Tigers.net 230 230 19
11位 DTI 218 228 15
12位 andline 212 222 20
13位 @nifty 219 218 16
14位 楽天BB 162 193 25
15位 hi-ho 112 170 32

 

ゴールデンタイム(ピークタイム)も通信速度は速い

混みやすいゴールデンタイムも、ドコモnetかなり速い通信速度でした。

常時300Mbps以上の速度なので、YouTube(4K)などの高画質の動画でも問題なく使えます。

 

時間帯別の実測は以下の通り。

【ドコモnetのIPv6の実測】

時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
273 402 17
245 371 17
夕方 271 351 17
260 318 18
深夜 322 407 16

※引用元:みんなのネット回線速度(ドコモnet)

 

ドコモnetの実測と動画サービスの推奨を比較

各動画サービスの推奨速度とドコモnetの実測を比べました。

結果、どの動画サービスでもスムーズにプレイできます。

【ドコモnetの実測と動画サービスの推奨値】

動画サービス 推奨速度 ドコモnetの
実測
判定
YouTube(1080p) 5.0Mbps 293Mbps
~406Mbps
Netflix(HD画質) 5.0Mbps
Hulu 6.0Mbps
U-NEXT(高画質) 3Mbps以上
Amazonプライムビデオ
(高画質)
40Mbps

 

実際の利用者もドコモnetの速さを実感

実際の利用者も、ドコモnetの速さを実感しています。

 

以上が、ドコモnetの通信速度を調べた結果です。

 

もり

ドコモnetのIPv6はとても速く、おすすめのプロバイダです。

これから申し込む人は、以下のリンクから手続きしてください。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

ドコモnetのIPv6におすすめのルーターは?

 

ドコモ公式サイトでは、ドコモnetの対応ルーターは「ドコモ光ルーター01」とありました。

本当に「ドコモ光ルーター01」のみか?調べました。

 

バッファローの「WSR-3200AX4S」がおすすめ

WSR-3200AX4Sの仕様はこちら
特徴
製品名 BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター
(AirStationシリーズ)
型番 WSR-3200AX4S
概要 Wi-Fi6対応ルーター
スタンダードモデル
範囲 3階建(戸建て)
4LDK(マンション)
対応周波数 5GHz/2.4GHz
準拠規格 (無線)IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b
(有線)Giga
最大転送速度 2401Mbps(5GHz帯)
800Mbps(2.4GHz帯)
最大接続数 WAN×1、LAN×4
Wi-Fi 18台(目安)
外形寸法(mm) 37.5×160×160
重さ 約390g
消費電力 15.0W(最大)

※他の仕様はBUFFALO公式参照

 

ドコモnetのIPv6には、バッファローの「WSR-3200AX4S」がおすすめです。

Wi-Fi 6の最新規格に対応し、最大通信速度が2.4Gbpsととても速いです。

 

また、最大接続数が18台なので家族で利用できて、評判がとても良いルーターです。

価格も1万円前後でコスパが良いです。

 

 

公式の「ドコモ光ルーター01」はおすすめしない

ドコモ光ルーター01の外観図

ドコモ光ルーター01の仕様はこちら
型番 ドコモ光ルーター01
製造メーカー NECプラットフォームズ株式会社
無線LAN通信速度 最大867Mbps
サイズ(mm) 33(W)×97(D)×146(H)
質量(g) 約224(スタンド含む)
ブラック
最大消費電力(w) 8.4
有線LAN 対応規格 最大1Gbps
IEEE 802.3ab(1000BASE-T)
IEEE 802.3u(100BASE-TX)
IEEE 802.3(10BASE-T)
ポート数 3
無線LAN 対応規格 最大867Mbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
アンテナ 2.4GHz帯/5GHz帯(送信2×受信2)
同時接続数 10(推奨)

 

ドコモ光公式サイトの「ドコモ光ルーター01」はおすすめしません。

理由は、Wi-Fi6の最新規格に対応せず、最大通信速度が867Mbpsでバッファロールーターよりも遅いからです。

 

※「ドコモ光ルーター01」は、2022年7月31日(日曜)をもって販売を終了いたしました。

 

ドコモ光のルーター代を節約する方法

ドコモ光のルーター代は、限定特典サイトからの手続きで節約できます。

限定特典サイトからドコモ光を申し込むと、限定キャッシュバックがもらえるからです。

 

キャッシュバックがあるので、ルーター代は実質無料になります。

【限定特典サイトからの申し込みがお得】

 

以上が、ドコモnetのIPv6におすすめのルーターです。

 

もり

ドコモnetはバッファローの「WSR-3200AX4S」がおすすめです。

ルーター代は以下のキャッシュバックで節約してください。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

限定特典サイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

 

ドコモnetのメリットは3つ

 

改めて、ドコモ光のメリットを3つまとめました。

 

【1】IPv4 over IPv6の高速通信に対応

まず、ドコモnetは、IPv4 over IPv6の高速通信に対応しています。

このサービスはほとんどのプロバイダで対応していますが、ドコモnetでも漏れなく対応済みです。

【ドコモnetはIPv4 over IPv6対応済み】

 

IPv4 over IPv6対応により、混みやすい夜やゴールデンタイムでも安定してインターネットが使えます。

また、家族の複数人や複数端末での利用にも強いです。

 

【2】ドコモがワンストップでサービスを提供

続いて、ドコモnetはドコモがワンストップサービスを提供するプロバイダです。

言い換えると、ドコモ光(光回線)とドコモnet(プロバイダ)の問い合わせ窓口が同じになります。

 

なので、インターネットで困ったことがあっても、ドコモへ問い合わせるだけでOKです。

通常は、別々の問い合わせ窓口があるのが一般的ですが、ドコモnetなら問い合わせ先に迷うことがありません。

問い合わせ窓口はドコモ光と同じ】

  • 電話番号:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

 

【3】ドコモ光10ギガ対応のプロバイダ

ドコモnetは「ドコモ光10ギガ」にも対応するプロバイダです。

ドコモ光では、ドコモ光10ギガに対応するプロバイダは9社のみです。

提供エリアは東京、大阪、愛知の一部に限られますが、通常の1ギガでも遅い人は10ギガへ変更もできます。

 

 

もり

「ドコモ光と問い合わせ窓口が同じ事」が、他のプロバイダにはないメリットですね。

 

 

 

ドコモnetのデメリットや注意点は?

 

デメリットも3つご紹介します。

 

【1】IPv6対応ルーターを用意する必要あり

ドコモnetでは、他のプロバイダのようにルーターのレンタルを提供していません。

ご自身でIPv6対応ルーターを用意する必要があります。

 

なので、ドコモ光の工事前にIPv6対応のWi-Fiルーターを準備しておいてくださいね。

なお、おすすめのWi-Fiルーターはバッファローの「WSR-3200AX4S」です。

 

 

【2】キャンペーンが少ない

続いて、キャンペーンが少ないです。

他のプロバイダは、申し込み時にキャッシュバックなどの特典があります。

 

しかし、ドコモnetには限定特典がありません。

なので、ドコモnetを申し込む人は、代理店の「NNコミュニケーションズ」から手続きしてください。

【特典比較】

限定特典 ドコモnet
(ドコモ公式サイト)
NNコミュニケーションズ
キャッシュバック なし 42,000円
dポイント 20,000pt 2,000pt
工事費 工事費無料 工事費無料

 

【3】初期設定の訪問サポートサービスが有料

各プロバイダは初回のルーター設定が分からない人のために、初期設定サービスが用意されています。

このサービスを無料にしているプロバイダは多いですが、ドコモnetは有料になります。

【ドコモnetのサポートは有料】

サポート 料金
訪問サポート ネットトータルサポート
(550円/月)
遠隔操作サポート

 

ドコモ公式に問い合わせできるメリットはありますが、サポート時に費用が割高になるのがデメリットですね。

 

もり

以上が、メリット・デメリットでした。

公式の安心感はあるものの、初期費用が高くなりやすいのがデメリットです。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

ドコモnetの申し込みから工事と設定の手順

 

ドコモnetのWeb申し込み手順をご紹介します。

 

【手順1】限定特典サイトからWeb手続き

まず、限定特典サイトからWeb手続きします。

以下のリンクをクリックし、移動先のWebお申込みをクリックしてください。

⇒お申し込み/ご相談フォーム

 

移動後に必要情報を入力し、仮登録を済ませます。

【必要情報】

  • 契約状況の確認
  • 契約者名
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス

 

【手順2】オペレーターと打ち合わせ

仮申し込みが終わると、オペレータから折り返しの電話があります。

折り返し電話で、登録内容の確認や、料金プランの説明があります。

 

もちろん、相談のみの問い合わせでも受け付けてくれるので、聞きたいことがあれば気軽に確認してみてください。

説明で問題なければ、そのまま工事日を決めて申し込み完了です。

 

【手順3】ドコモ光の工事と開通

ドコモのオペレーターと話したとおりに、工事と開通をします。

基本的には、NTTの事業者が工事を実施してくれますが、ルーターは自分で接続します。

 

かんたんな工事と接続イメージは以下の通り。

【ドコモnetの工事イメージ】

 

ルーターは、コンセントと電源をつなぐだけでOKで、IPv6の接続も自動です。

あとは、パソコンやスマホとWi-Fiでつなげば、設定完了です。

 

【手順4】ドコモnetのIPv6を確認する

最後に、ドコモnetのIPv6の接続を確認します。

IPv6に繋がれば、光回線の速い通信ができます。

【確認方法】

  1. ドコモnetのIPv6確認サイトへ移動する
  2. 「確認開始」ボタンを押す

 

以下のように、「IPv4 over IPv6とIPoE」が出れば、IPv6に繋がっています。

【確認結果】

 

なお、公式サイトを見ると、開通工事からIPv6接続が使えるまで、1週間くらいかかるようです。

 

以上が、ドコモnetの申し込みから、接続まででした。

 

もり

申し込みはWebから可能。

全ての手続きから設定は、1時間くらいで完了します。

 

 

 

ドコモnetのプロバイダの機能とサービス

 

ここで、ドコモnetのプロバイダについて、機能と特典をまとめてご紹介します。

 

ドコモnetのプロバイダ機能

まずは、ドコモnetの基本的なプロバイダ機能です。

ドコモnetは全国に対応していて、最大1Gbpsの速い光回線を使えます。

【ドコモnetのプロバイダ機能】

プロバイダ機能 料金
高速通信 1Gbps 標準
IPv6
IPv4 + IPv6
(transix/OCNバーチャルコネクト)
10Gbps 別料金
ルーター 7,700円/1台

 

ルーターが7,700円かかることを除けば、通常のプロバイダの機能ですね。

 

ドコモnetのプロバイダサービス

続いて、プロバイダの付帯サービスです。

大きなメリットはありませんが、標準のプロバイダサービスを満足しています。

【ドコモnetのプロバイダサービス】

サービス サービス名 料金
セキュリティソフト ネットワーク
セキュリティ
385円/月
情報漏えい防止 マルウェア
ブロック
無料
メールサービス ドコモnet
メールサービス
1アドレス無料

 

ドコモnetのキャンペーン

ドコモnet独自のキャンペーンです。

デメリットでもご紹介しましたが、ドコモnetのキャンペーンは他のプロバイダに比べて少ないです。

【ドコモnetの独自キャンペーン】

キャンペーン 内容
キャッシュバック 特典なし
dポイント付与 2,000pt
ネットワークセキュリティ 12カ月無料
無料ルーター 特典なし
工事費 工事費無料

 

もちろん、スマホ代割などの、ドコモ光自体のキャンペーンはドコモnetにも適用されます。

 

ドコモnetの提供会社について

ドコモnetの提供会社は、何度かご紹介しましたがNTTドコモです。

念のため、会社概要をご紹介しておきます。

【会社概要】

運営会社 株式会社NTTドコモ
代表者 吉澤 和弘
所在地 〒100-6150
東京都千代田区永田町2丁目11番1号
山王パークタワー
⇒アクセスマップはこちら
電話番号 03-5156-1111(代表)
業務内容 携帯電話サービス
光ブロードバンドサービス
衛星電話サービス など
サイト ホームページ

 

ドコモ光のプロバイダなので、突然のサービス終了などはまず無いと考えても良いですね。

 

もり

以上が、ドコモnetの機能と特典でした。

 

 

 

ドコモnetのよくある質問・注意点

 

最後に、ドコモnetのよくある質問・注意点をご紹介します。

 

ドコモnetに繋がらない

ドコモnetに繋がらない場合は、ルーターの接続を確認してみてください。

やることは、以下の3つです。

【やること】

  1. Wi-Fiとパソコンやスマホの再接続
  2. ルーターに繋がっているケーブルを抜き差し
  3. ルーターの電源をOFF/ONする

 

ほとんどの場合、ルーターの電源OFF/ONで再接続できるはずです。

 

ドコモnetが遅い

この場合は、IPv6に接続しているか確認してみてください。

ドコモnetのIPv6確認サイトから、IPv6の接続確認が出来ます。

 

なお、上でもご紹介しましたが、開通工事からIPv6が接続できるまで、1週間かかるようです。

開通後すぐの人は、1週間待ってから確認してみてくださいね。

 

以下のように、ドコモ光公式にも説明があります。

【IPv6インターネット接続開通】

IPv6は「②ドコモ光開通工事」の開通から1週間程度経過後に開通します。

また、お客さまのご利用状況によっては更に遅れる場合があります。

※引用元:ドコモ光公式

 

ドコモnetでv6プラスは使える?

使えません。

ドコモnetでは、v6プラスではなく、transixとOCNバーチャルコネクトが使えます。

 

ただしどちらも、IPv4 over IPv6の技術なので、速い通信ができます。

プロバイダによって、サービスの名前がちがうだけです。

 

もり

以上で、よくある質問・注意点を終わります。

 

 

 

【まとめ】ドコモnetの評判

 

まとめです。

この記事では、ドコモ光の「ドコモnet」を調べた結果をまとめました。

改めると、この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

  • ドコモnetのメリット
    ・ドコモの提供でサポートが分かりやすい
  • ドコモnetのデメリット
    ・プロバイダ独自のキャンペーンが少ない
    ⇒NNコミュニケーションズから手続きすること
  • ドコモnetはプロバイダとして?
    ・IPv6に対応していて、通信速度は十分
  • ドコモnetの申し込み方法
    ・ドコモ光公式ページから申し込み

 

以上で、ドコモnetの評価を終わります。

 

最後に、これからドコモnetを申し込む人は、以下の限定特典サイトから手続きしてくださいね。

公式サイトではもらえない、限定キャッシュバックがもらえます。

 

もり

ドコモ光の限定キャッシュバックはお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

NNCの限定特典サイト

<特典専用の申込みページ>

 

 

もり

申し込み先の比較一覧は以下の記事でまとめました。

 

\特典は忘れずチェックしてね!/

※引用元:ドコモ光代理店のランキング比較

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-ドコモ光, プロバイダ, 株式会社NTTドコモ