ドコモ光 プロバイダ 株式会社アイキューブマーケティング

【おすすめ?】andline(アンドライン)の評判は?レンタルルーターの注意点も解説。

2021年12月23日

【おすすめ?】andline(アンドライン)の評判は?レンタルルーターの注意点も解説。【アイキャッチ画像】


「andline(アンドライン)の評判は?」

「通信速度やレンタルルーターの注意点も知りたい。」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、andline(アンドライン)の評判と速度、レンタルルーターの注意点をまとめました。

 

この記事の内容

  • andline(アンドライン)の口コミ評判
  • andline(アンドライン)のIPv6の通信速度
  • レンタルルーター性能と注意点
  • ドコモ光で一番お得なプロバイダ

 

【目次】

【まず結論】andline(アンドライン)の評判は?

 

それでは、内容の前に結論から。

 

andlineの評判は「速度が速い」と「遅い」の両方の口コミがありました。

速い口コミの人は「300~400Mbps位の通信速度」だったので、複数人での動画やアプリ、ゲームも問題なく使えます。

 

一方で遅い口コミの人は「数Mbps」と極端に遅かったです。

なので、遅いコメントをした人は、andlineの「IPv6サービス」を正しく使えていないと思われます。

 

一方で、andline(アンドライン)はおすすめのプロバイダではありません。

実測を調べると、夜の通信速度が遅く場合によってはストレスを感じるかもしれないからです。

 

なお、ドコモ光で一番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめました。

 

 

 

続いて、andlineの公式サイトには限定特典はありません。

 

キャッシュバックがお得な申込窓口は「NNコミュニケーションズ」です。

理由は、申込のみで42,000円のキャッシュバックが2カ月後に受け取れるからです。

【キャッシュバックがお得な申込窓口】

 

なので、これから申し込む人は、andlineやGMOとくとくBBに関わらず、NNコミュニケーションズから手続きしてくださいね。

NNコミュニケーションズの特典サイトは以下のリンクからです。

 

もり

ドコモ光の限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

限定特典サイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

それでは、調べた結果をひとつずつご紹介します。

 

andline(アンドライン)の評判を口コミから調査!

 

andlineは通信速度の口コミが多く、「遅い」との口コミが多かったです。

ただ、速度は極端に遅いので、遅い理由はIPv6サービスへ加入出来ていないだけだと思います。

 

なので、もしandlineを選ぶ場合は、IPv6サービス対応ルーターを使って、IPv6/IPv4インターネット接続で通信しましょう。

加入方法は、ドコモ光の工事後のandlineへの電話です。

 

andlineが速いとの口コミ(2件)

以下はandlineで、IPv6インターネット接続できている口コミです。

かなり速いですね。

 

andlineが遅いとの口コミ(3件)

続いて、andlineが遅いとの口コミです。

1Mbps前後とかなり遅い通信速度ですが、あまりにも遅いので、おそらくIPv6サービスを使えていない可能性があります。

 

IPv6サービスとはIPv4 over IPv6の通信技術で、ドコモ光が高速で安定した通信になります。

v6プラスと呼ばれたりもします。

 

以上が、andlineの口コミと通信速度でした。

 

andlineには速度が速い口コミと遅い口コミの両方ありました。

遅い口コミは、Pv6サービスへ申し込み出来ていない事により、通信速度が遅くなっていると思われます。

 

もり

ドコモ光とandlineを使う人は、IPv6サービスも忘れずに加入してくださいね。

加入方法はandlineへの電話です。

 

 

 

andline(アンドライン)のレンタルルーターの性能と注意点

 

andlineのルーターの性能を調べました。

 

ルーターの性能は1Gbps対応機種

andlineの公式サイトを調べた結果、1Gbps対応機種のWi-Fiルーターを無料レンタルできるとありました。

ただし、ルーターの性能や型番の記載はありませんでした。

【andlineのキャンペーンを調べた結果】

Wi-Fiルータをお申込み頂いた方は、30ヶ月継続利用の場合に限り1Gbps対応機種の高速プランをご選択頂けます。
通常は300Mbps対応機種となります。

※引用元:andlineの公式サイト

 

30ヶ月の最低利用期間があるので要注意

アンドラインのルーターには、30カ月の最低利用期間があるので注意してください。

30カ月の継続利用しないと、300Mbpsのルーターになるためです。

 

300Mbpsのルーターだと、ドコモ光の通信速度が生かせず遅くなる可能性があります。

つまり、レンタルルーターは30カ月の最低利用期間が必ず付きます。

 

口コミからはエレコム製になるとの事

実際の利用者の口コミから、ルーターの性能を調べました。

結果、性能や型番は分かりませんが「エレコム製」のルーターがレンタル出来るようです。

 

andline公式の「1Gbps対応機種」とありましたので、ELECOMの「WRC-X1800GS-B」がレンタルされる可能性が高いです。

【ELECOMの「WRC-X1800GS-B」】

※引用元:ELECOM公式サイト

詳しい仕様はここをタップ
特徴
製品名 Wi-Fi 6(11ax) 1201+574Mbps
Wi-Fi ギガビットルーター
型番 WRC-X1800GS-B
概要 Wi-Fi6対応ルーター
エントリーモデル
範囲 2階建(戸建て)
3LDK(マンション)
対応周波数 5GHz/2.4GHz
準拠規格 (無線)IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b
(有線)Giga
最大転送速度 1201Mbps(5GHz帯)
573Mbps(2.4GHz帯)
最大接続数 WAN×1、LAN×4
Wi-Fi 26台
外形寸法(mm) W36.0×D132.0×H164.0
重さ 約300g
消費電力 11.3W(最大)

 

レンタルルーターより市販ルーターがおすすめ

andlineはルーターのレンタルよりも、市販ルーターの購入がおすすめです。

最低利用期間を気にせず、より性能の高いルーターが選べるからです。

 

バッファロールーターであれば、1万円くらいでレンタルルーターの2倍の性能のルーターが使えます。

特に、戸建てで3階以上の広い範囲で使いたい人におすすめのルーターです。

【おすすめルーター(WSR-3200AX4S)】

WSR-3200AX4Sの仕様はここをタップ

【WSR-3200AX4Sの仕様】

特徴
製品名 BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター
(AirStationシリーズ)
型番 WSR-3200AX4S
概要 Wi-Fi6対応ルーター
スタンダードモデル
範囲 3階建(戸建て)
4LDK(マンション)
対応周波数 5GHz/2.4GHz
準拠規格 (無線)IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b
(有線)Giga
最大転送速度 2401Mbps(5GHz帯)
800Mbps(2.4GHz帯)
最大接続数 WAN×1、LAN×4
Wi-Fi 18台(目安)
外形寸法(mm) 37.5×160×160
重さ 約390g
消費電力 15.0W(最大)

※他の仕様はBUFFALO公式参照

 

 

以上が、andlineのレンタルルーターの性能と注意点です。

 

もり

アンドラインはレンタルルーターよりも、市販ルーターの購入がおすすめです。

ルーター代は以下の限定キャッシュバックで節約してください。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

andline(アンドライン)のIPv6の通信速度を調査!

 

andline(アンドライン)の実測も調べました。

 

andlineは夜の通信速度が遅い

まずは、andlineの実測は、夜の混みやすい時間帯は遅くなりがちです。

他のプロバイダでも夜は遅くなりやすいですが、andlineは特に遅いです。

 

動画やアプリ、ゲームは問題なく使えそうですが、場合によってはストレスを感じるかもしれません。

具体的な通信速度は、以下の通り。

【通信速度(時間帯別)】

時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
227 355 16
200 252 18
夕方 270 281 17
208 160 23
深夜 252 298 17

※引用元:みんなのネット回線速度(ドコモ光×andline)

 

ドコモ光の速度ランキングは第12位(全23社中)

ドコモ光のプロバイダの内、andlineの速度ランキングは第12位です。(全23社中)

なので、プロバイダの中速い方ではないので、選ぶ理由はありません。

【プロバイダの速度ランキング】

andlineはドコモ光の速度ランキングの第12位

通信速度ランキングの詳しい内容
順位 プロバイダ 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
1位 ドコモnet 243 309 17
2位 GMOとくとくBB 254 307 21
3位 ぷらら 216 289 20
4位 OCN 210 278 19
5位 BIGLOBE 220 274 19
6位 AsahiNet 225 271 19
7位 @TCOM 205 270 16
8位 エディオンネット 186 266 28
9位 BB.excite 217 241 22
10位 Tigers.net 230 230 19
11位 DTI 218 228 15
12位 andline 212 222 20
13位 @nifty 219 218 16
14位 楽天BB 162 193 25
15位 hi-ho 112 170 32

 

以上が、andlineとドコモ光の実測を調べた結果です。

 

もり

andlineはドコモ光でも速いプロバイダではないです。

なお、その他のプロバイダは以下の記事で比較しています。

 

 

 

 

ドコモ光でアンドラインを使うメリットは3つ

 

メリットは3つです。

 

無料レンタルは機器を選べる

まず、andlineには、数種類のレンタルサービスが用意されています。

他のプロバイダの無料レンタルはルーターのみのケースが多いですが、andlineはルーター以外にも選べるメリットがあります。

【andlineの選べるレンタルサービス】

ドコモ光とアンドラインはオプションを6種類から選べる

※引用元:andlineのオプションサービス

[/st-mybox]

 

【レンタルできる機器比較】

andline
(アンドライン)
他のプロバイダ
・Wi-Fiルーター(IPv6対応)
・スマホ対応防水スピーカー
・スマホ対応プリンタ
・スマホ対応ミラーリングレシーバー
・ポータブルHDD
※いずれかひとつ
・Wi-Fiルーター(IPv6対応)

 

以上の通り、どれかひとつではありますが、andlineはレンタル機器が選べます。

 

IPv6/IPv4インターネット接続機能に対応

続いて、andlineはIPv6/IPv4インターネットの接続に対応しています。

これは、IPv4 over IPv6接続技術と呼ばれるもので、他のプロバイダではv6プラスと言ったりします。

 

つまり、高速で安定した通信がしやすくなります。

 

光回線は1Gbpsの速い通信がメリットのインターネットです。

しかし、2018年頃まではIPv6/IPv4インターネットにプロバイダが対応していなかったので、本来の速くて安定した通信ができていませんでした。

 

その通信を安定させるための技術が、IPv6/IPv4インターネット接続ですね。

ほとんどのプロバイダは対応済みですが、andline(アンドライン)も漏れなく対応済みです。

 

プロバイダサービスは他と同等

最後に、andlineのサービスは、他のプロバイダと同等です。

つまり、専用のメールアドレス、メールセキュリティ等が無料で使えて、ウイルス対策のサービスもあります。

まとめは、以下の通り。

【andlineのプロバイダサービス】

サービス名 料金など
おまかせ安心セキュリティ 12カ月無料(※)
先読み防御セキュリティ 12カ月無料(※)
メールウィルスチェック 永年無料
迷惑メールフィルター 永年無料
プロバイダメール 永年無料
リモートサポート 初回無料
訪問サポート 初回無料

※12カ月経過後は550円/月

 

この通り、他のプロバイダと同じレベルのサービスが一通りそろっています。

なので、サービスで特に損することはないと思います。

 

もり

以上がandlineのメリットでした!

 

 

 

ドコモ光でアンドラインを使うデメリットは4つ

 

続いて、ドコモ光とandlineのデメリットを4つご紹介します。

 

IPv6/IPv4インターネットにルーターが必要

まず、メリットでルーター以外の機器も選べるとご紹介しました。

しかし、andlineのIPv6/IPv4インターネットには、結局ルーターが必要になります。

【andlineのIPv6通信にはルーターが必要】

 

つまり、andlineの無料レンタルで、ルーター以外を選ぶと購入する必要があります。

 

無料レンタルルーターに違約金がある

続いて、andlineの無料レンタルルーターには、違約金があります。

これは、andlineの注意書きに記載がありましたので、以下に抜粋します。

【andline無料オプション申込の注意書き抜粋】

Wi-Fiルータ高速プランをお申込みの場合、Wi-Fiルータ発送月を含む30ヶ月の最低利用期間を定めています。
最低利用期間内にandlineドコモ光プランを解約する場合、違約金をご請求いたします。

※引用元:andlineキャンペーン

 

この通り、ドコモ光とは別にルーターに30カ月の最低利用期間がありますね。

他のプロバイダもレンタルサービスはありますが、このような最低利用期間はありません。

 

なので、andlineをプロバイダに選ぶ場合は、違約金に注意しなければいけません。

 

レンタルの申込は郵送でのみ受け付け

3つ目は、レンタルやオプションの手続きは郵送のみで受け付けで、かなり面倒です。

具体的には、andlineの公式ページから申込書をダウンロードして、そちらに必要事項を書かなければいけません。

【andline公式から申込書を入手する必要あり】

※画像引用元:andline申込書

 

他のプロバイダはインターネットからの申し込みのみなので、andlineは他よりも手続きが面倒になります。

 

もり

メリットもありますが、やはり手続きが他より面倒だと思いました。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

andline(アンドライン)のよくある質問【Q&A】

 

andlineに関する、よくある質問と注意点をまとめました。

 

andline会員IDは?

andlineの会員IDは、ドコモ光の申し込み後、郵送で送られてきます。

手続きから1週間程度で届くと思いますので、受け取ってから確認してくださいね。

なお、事前にID番号は分かりません。

 

andlineの通信が不安定なときは?

andlineの通信が不安定になるときの、対処方法です。

 

andlineのIPv6/IPv4インターネット接続を使う

まず、andlineのIPv6/IPv4インターネット接続サービスに申し込みしましょう。

ドコモ光でandlineを使っている人は追加料金なしで、電話で手続きできます。

 

受付の電話番号は、以下の通り。

【andlineの電話番号】

  • 株式会社アイキューブ・マーケティング
  • ドコモ光 andlineカスタマーサポートデスク
  • 受付時間:10:00~19:00 (年末年始を除く)
  • 連絡先 :03-6809-3392 (有料)

 

電話で「IPv6/IPv4インターネット接続サービスを使いたい」と伝えてくださいね。

 

IPv6/IPv4インターネット用のルーターを使う

続いて、andlineのIPv6/IPv4インターネット用のルーターを使ってみてください。

andlineからレンタルしていない人は、上記の電話時にルーターを借りれるかどうか確認してみてくださいね。

無料レンタルが可能なら、そのまま借りて使いましょう。

 

借りられないようであれば、ご自身でルーターを買うことになります。

バッファローであれば、IPv6/IPv4用のルーターを約1万円で買えます。

 

 

ルーターを設定した後、通信速度を確認してみてくださいね。

 

andlineからプロバイダを変更する

IPv6/IPv4とルーターを設定しても遅い場合は、プロバイダを変更しましょう。

プロバイダを変える方法は、ドコモ光のカスタマーサポートへの電話です。

【プロバイダ変更方法】

  • やり方 :ドコモ光カスタマーサポート
  • 電話番号:0120-800-000
  • 受付時間:午前9時~午後8時
  • 手数料 :3,300円

 

電話口で、「プロバイダを変更したい」と伝えれば大丈夫です。

おすすめプロバイダはGMOとくとくBBです。

 

andlineの解約と機器返却

andlineを解約する必要はありません。

ドコモ光とandlineはプロバイダ一体型のサービスなので、ドコモ光を解約するとandlineも解約になります。

ドコモ光の解約は、インフォメーションセンターへの電話です。

 

andlineの機器返却先は、以下の電話で確認してみてください。

【ドコモ光andlineカスタマーサポートデスク】

  • 電話番号:03-6809-3392
  • 営業時間:10:00~19:00
    (年末年始除く)

 

電話口で返却の手続きを教えてもらえると思います。

 

もり

以上が、よくある質問・注意点でした!

 

 

 

プロバイダの株式会社アイキューブ・マーケティングも調査

 

最後に、andlineのプロバイダを運営する、株式会社アイキューブ・マーケティングも調べました。

 

アイキューブ・マーケティング株式会社の会社概要

アイキューブ・マーケティングとは、東京にある通信・光回線などを運営する会社ですね。

事業内容をみると、コールセンターなども運営しているようです。

 

2010年11月設立で、プロバイダの会社としてはかなり新しいですね。

今後のサービス展開に期待したいところです。

 

会社概要は以下の通り。

【会社概要】

運営会社 株式会社アイキューブ・マーケティング
(英文:ICUBE Marketing. INC)
設立 2010年11月
代表者 岩上 直也(社長)
所在地 〒553-0001
東京都品川区大井1丁目20-6
住友大井町ビル北館3階
電話番号 03-6809-3392
(サポートセンター)
業務内容 インターネットサービスプロバイダ
光回線、FVNE、モバイル回線
サイト ホームページ

 

アイキューブ・マーケティング株式会社の外観写真

Google Mapから取得した、外観写真も載せておきます。

ビルの写真ですが、こちらの3階にアイキューブ・マーケティングが所在しています。

※引用元:Google Map

 

もり

以上で、アイキューブ・マーケティング株式会社のご紹介を終わります!

 

 

 

【まとめ】andline(アンドライン)の評判とレンタルルーター

 

まとめです。

この記事では、ドコモ光とアンドラインの評判を調べてまとめしました。

改めてポイントをまとめると、以下の3つです。

この記事のまとめ

  • ドコモ光とアンドラインの評判
    ・速度が速い口コミと遅い口コミ両方あり
  • アンドラインのメリット
    ・IPv6/IPv4インターネットで安定通信
    ・無料レンタルは機器を選べる
  • アンドラインのデメリット
    ・IPv6/IPv4インターネット用のルーターが必要
    ・レンタル申し込みは郵送で少し面倒
    ・通信速度はプロバイダ中一番では無い
  • プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

 

以上です。

 

最後に、当サイトおすすめプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、通信速度が速くドコモ光で一番人気のプロバイダです。

 

これから申し込む人は、以下のリンクから申し込んでくださいね。

 

もり

アンドラインとGMOとくとくBBどちらも申し込み出来ます。

限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
限定キャッシュバック

限定特典サイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

\特典は忘れずチェックしてね!/

※引用元:ドコモ光代理店のランキング比較

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-ドコモ光, プロバイダ, 株式会社アイキューブマーケティング