コミュファ光 プロバイダ

【確認】@niftyをコミュファ光で選ぶメリットはある?デメリットの方が大きいかも。

【確認】 @niftyをコミュファ光で選ぶメリットはある?デメリットの方が大きいかも【アイキャッチ画像】


「@niftyをコミュファ光で選ぶメリットはある?」

「デメリットや注意点も知りたい。」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、@niftyとコミュファ光で選ぶメリット・デメリットをまとめました。

 

この記事の内容

  • @nifty×コミュファ光のメリット・デメリット
  • コミュファ光で一番おすすめのプロバイダ

 

【まず結論】@niftyをコミュファ光で選ぶとお得か?

 

それでは、内容の前にまとめからです。

 

結論から言うと、「@nifty」のコミュファ光は、メリットよりもデメリットが大きいです。

理由は、「@nifty」は、コミュファ光の「選択型」のプロバイダになるためです。

 

「選択型」のプロバイダは「一体型」よりも料金が高くなり、契約先がコミュファ光と@niftyの2つになります。

また、通信速度も「一体型」よりも遅いです。

 

なので、一番おすすめのプロバイダは「一体型(コミュファ)」です。

料金や速度は別の記事でもまとめているので参考にしてください。

 

 

また、@niftyの公式サイトには、コミュファ光の申込特典がありません。

 

コミュファ光のキャッシュバックがお得な申込窓口は「NNコミュニケーションズ」です。

理由は、申込のみでキャッシュバックが2カ月後に受け取れるからです。

【キャッシュバックがお得な申込窓口】

  

 

NNコミュニケーションズでコミュファ光の一体型を申し込めば、初期費用も節約できます。

なので、これから申し込む人は、以下のリンクからWeb手続きしてください。

 

もり

NNコミュニケーションズの限定特典はとてもお得ですよ。

 

コミュファ光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

コミュファ光代理店のランキング比較

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果を見ていきます。

 

@niftyはコミュファ光の「選択型」で契約できるプロバイダ

 

コミュファ光で「選択型」を選ぶと、10社のプロバイダの中から好きな1社を選んで契約することができます。

@niftyは、選択型の10社に含まれるプロバイダです。

 

なお、コミュファ光は中部地方を中心に展開する電気通信事業者です。

コミュファ光のプロバイダには契約形態が2種類あり、「選択型」の他に「一体型」も選べます。

 

そもそもプロバイダって何?

プロバイダとは、インターネットを接続する際に必要なインターネット接続事業者です。

インターネット使うためには、光回線のような回線を提供する「回線事業者」と、回線とインターネットを接続する「プロバイダ」が必要です。

 

回線は事業者によって日本全国にありますが、回線を使ってインターネットに接続するためにはプロバイダが必要です。

プロバイダは回線とインターネットを繋ぐ仲介役のような役割があります。

 

回線事業者とプロバイダは、基本的にはそれぞれ別の業態です。

インターネット使うためには、回線事業者とプロバイダの2つの事業者と契約する必要があります。

【回線事業者とプロバイダのイメージ】

インターネットには光回線事業者とプロバイダの両方の契約が必要

 

プロバイダの「一体型」と「選択型」の違いとは?

コミュファ光には「一体型」と「選択型」という契約形態の違いがあります。

では、「一体型」と「選択型」では、具体的に何がちがうのか?まとめました。

【一体型と選択型の違い】

  • 一体型
    ⇒回線事業者とプロバイダがどちらも「コミュファ光」
  • 選択型
    ⇒回線事業者は「コミュファ光」プロバイダは「別の会社」

 

コミュファ光は回線事業者であると同時に、プロバイダでもあります。

そのため、「一体型」では回線とプロバイダを両方コミュファ光にすることができます。

 

一方、選択型はプロバイダをコミュファ光以外から選べます。

インターネット接続の利便性は、契約するプロバイダによって変わってきます。

 

なので、選ぶプロバイダによっては通信速度が速いですし、限定特典もあります。

また、選択型のプロバイダのひとつが「@nifty(ニフティ)」です。

 

もり

コミュファ光では「一体型」と「選択型」で、プロバイダを選べます。

また、「選択型」のプロバイダの1つが@niftyです。

 

 

 

デメリットが大きい?コミュファ光と@niftyを選ぶメリットは?

 

コミュファ光の選択型では、自分でプロバイダを選ばなければなりません。

選ぶ基準は、やはり料金と通信速度になります。

 

しかし、選択型で@niftyとプロバイダ契約を結ぶことは、メリットよりデメリットが大きいです。

具体的な内容も見ていきます。

 

@niftyのメリットは評判が良いこと

@niftyの料金と速度は、コミュファ光のプロバイダで高い評価を受けています。

プロバイダ料金も、@niftyは月額1560円と他社と比べると安いです。

 

また、通信速度も速く、快適なインターネットができるのもメリットです。

利用者の実測を調べたところ、下りが457Mbpsと家族全員で快適に使える速さでした。

【@nifty×コミュファ光の通信速度】

  • 下り速度: 458Mbps
  • 上り速度: 326Mbps
  • Ping(応答速度): 15ms
時間帯別の通信速度
時間帯 下り
(Mbps)
上り
(Mbps)
Ping
(ms)
321 294 15
夕方 401 292 15
474 382 15
深夜 621 349 14

※引用元:みんなのネット回線速度(nifty×コミュファ光)

 

以上が、@niftyのメリットです。

 

しかし、コミュファ光で回線を契約するなら、一体型で回線とプロバイダをコミュファ光にした方がお得です。

以下、@niftyを選ぶデメリットを見ていきます。

 

2社から請求が来てややこしくなる

コミュファ光で@niftyを選ぶと、光回線はコミュファ光、プロバイダは@niftyの2社と契約します。

そうなると、請求はコミュファ光と@niftyの2社から来ることになります。

 

請求が来る度に、分けて支払う必要があり、選択型で契約すると支払いの管理が面倒です。

これは、選択型で@niftyを選ぶ大きなデメリットのひとつです。

 

一体型と比べて料金も高い

2社に対してそれぞれ支払いを行うため、コミュファ光の選択型は一体型より料金も高いです。

選択型で@niftyと契約すると、別でプロバイダ利用料を支払う必要があるためです。

 

一方で、コミュファ光の一体型は、月額料金の中にプロバイダ料も含まれます。

なので、一体型よりも@niftyの選択型は月額料金が高いです。

【@niftyの選択型は一体型よりも月額料金が高い】

プロバイダ 戸建て マンション
選択型【@nifty】
(内プロバイダ料)
6,180円
(1,560円)
5,080円
(1,560円)
一体型【コミュファ】
(内プロバイダ料)
5,720円
(なし)
4,620円
(なし)
差額 460円 460円

 

通信速度の速い規格(IPv6)で契約できない

選択型の@niftyでは、通信速度が速い「IPv6」が使えず、従来型の「IPv4」方式しか接続することができません。

つまり、一体型(コミュファ)よりも、通信速度が遅くなる可能性があります。

 

もちろん、「IPv4」でも十分な通信速度を確保でき、日常のインターネット接続には問題ありません。

しかし、夜の回線が混む時間帯は通信速度が落ちやすいです。

 

そのため、都市部など回線が混雑しやすい地域では、新式の「IPv6」方式で接続したほうが安心です。

通信速度を重視したい場合、コミュファ光で@niftyを選択することは大きなデメリットになります。

 

通信トラブル時の問い合わせ窓口が異なる

コミュファ光の選択型は、コミュファ光と@niftyの2社と契約になります。

そのため、請求が二重になるだけではなく、通信トラブルなどが発生した際の問い合わせ窓口も2つになります。

 

たとえば、通信速度に関する問い合わせは、プロバイダ側が請け負うため@niftyに連絡しなければなりません。

一方、回線に関する不具合などは、回線事業者のコミュファ光のほうに問い合わせる必要があります。

 

インターネットを使い慣れていない人だと、問い合わせ先が分からない事が多いです。

結果、コミュファ光と@niftyでたらい回しになり、トラブルが解決しづらくなる事もあります。

 

以上が、コミュファ光で@niftyを選ぶメリットとデメリットです。

 

もり

@niftyにはメリットはありますが、デメリットが大きいです。

 

 

 

 

【キャッシュバックあり】「選択型」の@niftyより「一体型」がお得

 

コミュファ光を契約する場合は、選択型より一体型のほうがお得です。

料金的にはもちろん、通信速度や支払い管理のしやすさでも、コミュファ光は一体型に大きなメリットがあります。

 

一体型には限定キャッシュバックあり

一体型には、選択型の@niftyにはない特典もあります。

契約時にキャッシュバックを受け取れるという特典です。

 

正規代理店NNコミュニケーションズから契約すると、マンションで3.5万円、戸建てで3万円もらえます。

キャッシュバックを受け取る条件は、コミュファ光を「一体型」で契約することです。

 

そのため、選択型で@niftyと契約しても、こうしたキャッシュバックの特典は受け取れません。

 

@niftyにもコミュファ光の申込特典はある

一方、コミュファ光のプロバイダを@niftyで契約した場合も、お得な特典自体はあります。

@niftyを11カ月間の継続契約した人には、12カ月目の@nifty月額料金が無料になる特典です。

 

この長期割引契約は2年目以降も自動的に続くため、1年経過ごとに月額料金が無料になります。

ただ、この特典は長期契約が前提なので、キャッシュバックのように契約時に受け取れる特典はありません。

 

また、コミュファ光「一体型」には、契約初年の12カ月間は月額料金が割引になる特典もあります。

このように、一体型には料金や通信速度のほかに、申込特典も選択型プロバイダよりお得です。

 

もり

コミュファ光の一体型は以下のリンクから手続きしてください。

限定キャッシュバックがもらえてとてもお得ですよ。

 

\このページ限定キャッシュバック!/

<コミュファ光:正規代理店>

 

 

 

コミュファ光の「選択型」は@nifty以外にも変更できるの?

 

変更できます。

@nifty以外にもプロバイダを試せる事は選択型の大きなメリットのひとつです。

 

なので、選択型はプロバイダに不具合があっても、後から別のプロバイダに変えることができます。

変更先は、コミュファ光の選択型の10社のプロバイダです。

 

なお、プロバイダを変更する際は、変更事務手数料として3,300円がかかります。

【選択型で選べるプロバイダ】

au one net、エディオンネット、So-net、@nifty、BIGLOBE、ODN、TNC、hi-ho、IIJ、MediaCat

 

以上の通り、選択型はプロバイダを変えられるメリットはあります。

しかし、「一体型」で回線とプロバイダを一括契約してしまったほうが料金と速度はお得です。

 

もり

以上で、コミュファ光と「選択型」の@niftyのまとめを終わります。

 

 

 

【まとめ】コミュファ光は「一体型」と@niftyのどっちが良い?

 

最後にまとめです。

コミュファ光の@niftyは回線速度や料金的にも悪いサービスではないです。

 

@nifty×コミュファ光の通信速度は、下りで450Mbpsと十分に速いです。

また、@nifty独自のセキュリティサービスやカスタマーサポートとのオプションサービスを付けられます。

 

ただ、コミュファ光の「一体型」と@niftyを比較すると、お得なプロバイダは「一体型」です。

 

理由は、接続方式の面で一体型は「IPv6」を選択することができます。

これによって、より安定した通信環境を確保でき、混雑時でも快適なインターネット接続が可能です。

 

また、料金を一元化できる事も「一体型」がお得な理由のひとつです。

一元化することで、月額料金は安くなり、回線業者とプロバイダ業者に二重で支払うといった面倒もありません。

 

インターネット回線は、主に料金と通信速度を基準に選びます。

この2点で、コミュファ光は@niftyのような「選択型」より「一体型」のほうがお得です。

 

以上のことから、コミュファ光は@niftyとプロバイダ契約するより、一体型でコミュファ光を公式プロバイダにしたほうが良いです。

 

最後に、コミュファ光は専用ページからの申し込みで限定特典があります。

どのプロバイダを選ぶ人でも、手続きは以下のリンクから実施してください。

 

もり

限定特典サイトのキャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

コミュファ光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用窓口のキャンペーンは一番お得でした。

調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

コミュファ光代理店のランキング比較

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-コミュファ光, プロバイダ