コミュファ光 プロバイダ

【要注意!】au one netとコミュファ光は月額料金の他にau one netの利用料があります。

【要注意!】au one netとコミュファ光は月額料金の他にau one netの利用料があります【アイキャッチ画像】


「au one netをコミュファ光で選ぶ注意点は?」

「月額料金はどうなる?」

こう考えている方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、コミュファ光のプロバイダのau one netを選ぶ注意点と料金をまとめました。

 

この記事の内容

  • コミュファ光でau one netを使う注意点
  • au one netよりおすすめのプロバイダは?

 

【まず結論】au one netのコミュファ光で選ぶ注意点と料金

 

それでは、内容の前にまとめから。

 

au one netをコミュファ光で選ぶ注意点は、料金が一体型よりも高い事です。

au one netはコミュファ光の選択型プロバイダになるので、一体型(コミュファ)よりも料金が上がります。

 

また、au one netはIPv6に非対応で、通信速度がコミュファ光のプロバイダの中でも安定しないです。

なので、au one netはコミュファ光におすすめのプロバイダではありません。

 

一方で、コミュファ光の一番お得なプロバイダは「コミュファ(一体型)」です。

料金や速度は別の記事でもまとめているので参考にしてください。

 

 

 

また、au one netの公式サイトには、コミュファ光の限定特典はありません。

 

なお、コミュファ光のお得な申込窓口はキャッシュバックがある「NNコミュニケーションズ」です。

申込のみでキャッシュバックが2カ月後に受け取れます。

【キャッシュバックがお得な申込窓口】

  

 

なお、NNコミュニケーションズであれば、au one netやコミュファなど、どのプロバイダでも指定して申し込み出来ます。

これから申し込む人は、以下のリンクからWeb手続きしてください。

 

もり

NNコミュニケーションズの限定特典はとてもお得ですよ。

 

コミュファ光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

コミュファ光代理店のランキング比較

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果を見ていきます。

 

コミュファ光の料金は2重で支払う?光回線の仕組みとは?

 

コミュファ光を契約する上で重視したいのは料金です。

ただ、コミュファ光はスマホ代や電気代とは違い、インターネットの契約は少し複雑です。

 

そもそもインターネットに繋がる仕組みって?

インターネットにつなぐためには、「回線事業者」と「プロバイダ」が必要です。

言いかえると、光回線は「回線事業者」と「プロバイダ」の2種類の事業者と契約する必要があります。

【インターネットには回線事業者とプロバイダが必要】

インターネットには光回線事業者とプロバイダの両方の契約が必要

 

さらに、契約の仕方によっては、コミュファ光の月額料金が変わります。

なので、料金を節約するためには、コミュファ光のプロバイダ選びが重要です。

 

回線事業者とは?

回線事業者とは、光回線やADSL回線といった、インターネット通信を提供する会社です。

コミュファ光は光回線事業者にあたります。

 

まず、自宅に通信回線がなければ、インターネットに必要なデータを自宅まで送信できません。

そのため、自宅に通信回線を開通する必要があり、通信回線の事業を担っているのが回線事業者です。

 

光回線のプロバイダの役割とは?

一方、プロバイダとは、自宅に引いた通信回線を使ってインターネットに接続してくれる事業者です。

実は光回線は、自宅に回線を通しただけでは、インターネットは利用できません。

 

日本国内では、光回線事業とインターネットの接続は役割が分担されています。

自宅に引いた回線を使ってインターネットに接続する事業は、主にプロバイダ(au one net等)が担当します。

 

つまり、コミュファ光の開通後は、プロバイダのインターネットに接続する手続きが必要です。

言いかえると、回線事業者(コミュファ光)とプロバイダ(au one net等)をそれぞれ契約しなければいけません。

 

au one netとコミュファ光は料金は高い?

コミュファ光とau one netで料金をシミュレーションしてみました。

結果、戸建て(ホーム・セレクト1G)で6,490円、マンション(マンションF・セレクト1G)で5,940円となりました。

 

コミュファ光は回線事業者で、au one netはKDDIが運営するプロバイダです。

なので、両方の料金の合算が月額料金になります。

 

それぞれの詳しい料金は、以下でまとめています。

 

au one netとコミュファ光の料金(戸建て)

メニュー コミュファ光
光回線料
au one net
プロバイダ料
合計
ホーム・セレクト30M 3,641円 1,870円 5,511円
ホーム・セレクト1G 4,620円 6,490円
ホーム・セレクト10G 5,390円 取扱なし

※全て税込表記

 

au one netとコミュファ光の料金(マンション)

メニュー コミュファ光
光回線料
au one net
プロバイダ料
合計
マンションV・セレクト100M 4,620円 1,320円 5,940円
マンションL・セレクト100M
マンションF・セレクト1G
マンションF・セレクト10G 6,490円 取扱なし

※全て税込表記

 

月々のインターネット料金は、コミュファ光とau one netの2社からそれぞれ請求が来ます。

 

au one netとコミュファ光の契約方法はどうなる?

自宅に回線が引かれていなければ、まずコミュファ光に依頼して回線を開通してもらわなければなりません。

そのうえで、au one netとも契約して、インターネットに接続する手続きを取る必要があります。

つまり、2回の手続きがあるので注意が必要です。

 

以上が、コミュファ光の仕組みと料金の支払いです。

 

もり

au one netをプロバイダに選んだ場合、料金や契約先がコミュファ光と別になるので注意してください。

 

 

 

au one netは高い?コミュファ光の料金を一番安くする方法は?

 

au one netを選ぶと、コミュファ光とプロバイダの契約が必要で料金が高くなりがちです。

ただ、年間の家計負担を減らすためには、インターネット料金のような固定費はなるべく安く抑えたいです。

 

コミュファ光を一番安く契約する方法は、プロバイダ一体型の通信事業者と契約することです。

 

プロバイダ一体型の通信事業者とは

プロバイダ一体型の通信業者とは、回線事業とプロバイダ事業を一括で提供している事業者です。

コミュファ光もプロバイダ一体型の通信事業者のひとつです。

 

つまり、コミュファ光は回線事業とプロバイダ事業を同時に提供しています。

言いかえると、コミュファ光へ契約するだけでも、インターネットが使えます。

 

なお、コミュファ光は、「プロバイダ選択型」と「プロバイダ一体型」を選べます。

 

プロバイダ選択型とは、通信回線はコミュファ光と契約し、プロバイダはau one netのように別会社と契約します。

プロバイダ一体型は、通信回線もプロバイダも両方コミュファ光と契約する形を取ります。

【選択型と一体型の比較】

プロバイダ選択型 プロバイダ一体型
回線 コミュファ光 コミュファ光
プロバイダ au one netほか10社

 

プロバイダ一体型は料金が一元的でお得

プロバイダ一体型は、選択型と違って料金が一律である点に大きなメリットがあります。

理由は、プロバイダ一体型では、プロバイダに対して利用料金を支払う必要が無いからです。

 

一方で、選択型のau one netは、コミュファ光の回線料とau one netのプロバイダ利用料の両方を支払う必要があります。

プロバイダ一体型なら、コミュファ光の料金だけでインターネットを使えます。

 

インターネットの料金を安くしたいなら、プロバイダ一体型を選ぶと料金を節約できます。

 

もり

コミュファ光は以下のリンクから手続きして下さい。

限定キャッシュバックがもらえてお得ですよ。

 

\このページ限定キャッシュバック!/

<コミュファ光:正規代理店>

 

 

 

通信速度にも違いあり?au one netとコミュファの速度を比較

 

インターネットを選ぶ際は、料金だけではなく通信速度も気になります。

ここでは、au one netの選択型と一体型を通信速度で比較した場合、どちらがより快適にインターネットできる調査しました。

 

au one netよりも一体型の方が通信速度は速い

結果から言うと、au one netと一体型(コミュファ)では、一体型のほうが2倍くらい速いです。

au one netは303Mbpsですが、一体型(コミュファ)だと639Mbpsあるためです。

 

【通信速度の比較】

通信速度
下り 上り
au one net 356Mbps 314Mbps
一体型(コミュファ) 627Mbps 546Mbps

※引用元:みんそくネット

 

なお、通信速度は地域や利用環境によって違うので、あくまで利用者の平均数値です。

ただ、数字が大きいほうが通信速度は速くなるので、au one netよりも一体型(コミュファ)は通信速度は速いということになります。

 

なぜコミュファ公式プロバイダのほうが速いのか

コミュファ光の一体型では、IPv6方式という新しい接続規格でインターネットを利用できるからです。

「IPv」とは、「Internet Protocol Version」の略称です。

 

従来はIPv4という規格が主流でしたが、このIPv4のバージョンを更新する形でIPv6が誕生しました。

つまり、従来型のIPv4に比べて、コミュファ光のIPv6は通信が混線しにくく、高速かつ安定的に通信できます。

 

au one netでは、IPv6方式に未対応であるため、接続規格は従来型のIPv4方式になります。

一方、コミュファ公式プロバイダはIPv6方式に対応しており、より快適にインターネットを利用できる環境が整えられています。

 

なので、コミュファ(一体型)はau one netよりも通信速度が速いです。

 

もり

コミュファ(一体型)のプロバイダは、

 

 

 

au one netとコミュファ公式ならコミュファ公式がおすすめ!

 

コミュファ光の選択型と一体型で迷っているなら、コミュファが公式プロバイダとなる一体型がおすすめです。

 

選択型よりも一体型にするメリットは?

コミュファ光の一体型プランは、月額料金が安く、通信速度も高速かつ安定しています。

 

また、回線もプロバイダが両方コミュファになるため、料金を一括で支払えるメリットもあります。

月額料金や通信速度で選ぶなら、プロバイダ選択型より一体型のほうが断然お得です。

 

一体型にはデメリットもある?

一体型にもデメリットはあります。

例えば、コミュファ光の一体型は、プロバイダはコミュファ公式プロバイダの一択になることです。

 

一方で、コミュファ光の選択型は、プロバイダはau one net含め10社から選択が可能です。

選択型の場合、このとき選ぶプロバイダによって料金や特典などが変わってきます。

 

一体型では受け取れない特典もあるため、選択型でプロバイダを選ぶのもありです。

とはいえ、コミュファ光は、初めに一体型を選んでも、後から選択型に移行することも可能です。

 

選択型はプロバイダの専用オプションが使える

プロバイダ選択型では、独自のオプションサービスへ加入できるメリットもあります。

例えばau one netでは、固定IPアドレスやWi-Fiルーターのレンタルがオプションで利用できます。

 

ただ、プロバイダ一体型も、050から始まる電話番号などの一体型専用のオプションサービスを提供しています。

また一体型限定の特典などもあります。

 

料金や速度、それから特典やオプションサービスなどを考慮しても、コミュファ光の一体型はメリットが多いです。

なので、コミュファが公式プロバイダとなる一体型を選んだほうがお得です。

 

もり

コミュファ(一体型)のプロバイダには、au one netよりも多くのメリットがあります。

 

 

 

【まとめ】au one netとコミュファ光

 

まとめです。

この記事では、コミュファ光のプロバイダのau one netを調べてまとめしました。

 

改めてポイントをまとめると、以下の3つです。

この記事のまとめ

  • au one netとコミュファ光の速度は遅い
    ・下りで約300Mbps
    ・IPv6の規格に未対応のため
  • au one netとコミュファ光は料金が高い
    ・選択型プロバイダなので別料金になる
  • おすすめのプロバイダはコミュファ(一体型)
    ・料金が安く、通信速度が最速

 

以上です。

 

最後に、コミュファ光は専用ページからの申し込みで限定特典があります。

どのプロバイダを選ぶ人でも、手続きは以下のリンクから実施してください。

 

もり

限定特典サイトのキャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

コミュファ光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用窓口のキャンペーンは一番お得でした。

調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

コミュファ光代理店のランキング比較

 

 

 

  • この記事を書いた人

もり@元社畜エンジニア

2005年からエンジニアとして13年間、家電メーカーに勤務しました。 2018年からは個人事業主として独立し、光回線のサイトを立ち上げて運営しています。
⇒詳しいプロフィールへ

-コミュファ光, プロバイダ